Yoonkee Kimによる最新作『Environment』がON AIRからリリース | 明日リスニングパーティーも開催

NONCHELEEE、KYNE、緒方数馬の3人を中心としたアートコレクティブON AIRからから、韓国のアーティストYoonkee Kimの最新作『Environment』がカセットテープでリリースされる。

この作品はYoonkeeがフィールドレコーディングした音のエディットのみで作られており、一切の楽器などは使用されていない。この作品のリリースを記念して12/14(土)にはON AIR TOKYOにてリスニングパーティを開催、Yoonkee KimとNONCHELEEEが出演する。

ユンキーの環境音楽!!!!!!!!!!!!
Environmentのタイトルが表すように、このアルバムでは、その辺でフィールドレコーディングした音のエディットのみで作られていて、実際の楽器は使用していない!!!!!!!!インストゥルメンツ無しのインストゥルメンタルである!!!!!!!!
曲のタイトルからもわかるように、家から電車でディスコに行くストーリーになっていて、ソウル駅やイテウォンなど、思い出のスポットに思いを馳せるもよし!!!!!!!!!!!!どこのディスコなのか想像するもよし!!!!!!!!パッと聴いた感じ無機的なサウンドの奥に滲み出てくるユンキーの人柄。サウンドの奥、マジで広っいんだから。
集中して聴く必要はない、聞き流しても構わない!!!!!!!!!だが、しっかり聴こうと思えば聴くべきところもあり、マジで、すんっごいんだから。A面の最後の曲”Seoul Station”でやっとメロディらしいメロディ=ユンキー節が入ってきたとき(俺はそのメロディをソウルトレインと呼んでいる!!!!!!!!!!!!!!!!!)には、全てのルーボイ&レイディースが膝ガックンガックンさせながらリスニングしている姿を想像した。その頃には、歌ってないはずの歌まで聞こえてくるはずだ。歌詞が良いから、じっくり耳をすませて欲しい!!!!!!!!!!!!!!!
ハン川沿いでチロチロしたくなる感じのチューンはアンビエントでありながら都会のソウルである!!!!!!!!!!!
俺たちは、このテープを聴き込みながら、相当ミニマルな環境音のループの中にビートを見出すことになるが、ある時、ユンキーはビートの中に環境音を見出していることに気づくはずである!!!!!!!!!!!!!!
こんなチューンで、じわっときているオネェちゃん、マジで、ビゴップユアセルフ、じっくりあったまっててっつって。

NONCHELEEE

Info

Yoonkee Kim Environment Listening Party

December 14th, 2019
6 - 9 pm

Yoonkee Kim
Noncheleee

ON AIR TOKYO
2-15-16 Ohara, Setagaya-Ku
Tokyo 156-0041, Japan

related

ON AIRによるインターネットラジオ番組が今日と明日放送 | okadada、Lil Mofo、OG、Dread光、徳利なども出演

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今週末は東京などで外出自粛要請が出されており様々なアーティストやクラブがライヴ配信を行っている。

ON AIR TOKYOのオープンを記念して加賀美健とのコラボアイテムを発売 | 明日オープニングレセプションも開催

NONCHELEEE、KYNE、Kazuma Ogata、徳利、CentoによるON AIRが、福岡に続き東京・世田谷にショップ兼スタジオを、9/1(日)にオープンする。

The North Face福岡店の7周年を記念したパーティでON AIRによるカスタムワークショップが開催

The North Face福岡店の7周年を記念したパーティが3月15日(金)に同店にて開催。そちらで、ON AIRによるThe North Faceの定番アイテム“BC Duffel”をベースにしたカスタムワークショップが行われることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。