福岡出身のバンドyonawoがシングル“Mademoiselle”を12月20日(金)に配信リリース

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡出身の4ピースバンドyonawoが、新曲“Mademoiselle”を12月20日(金)に配信リリース。ジャケット写真とティザー映像、新アーティスト写真も公開となった。

“Mademoiselle”は11月にリリースされた配信シングル“ミルクチョコ”に続き、2ヵ月連続でリリースされるシングル第2弾。今回公開されたジャケットのデザインも前作に続きメンバーの野元喬文が手掛けている。ティザー映像では野元が実際にジャケットを描き上げる様子が映像となっており、楽曲の一部が先行して聴くことが出来る。

本日12月6日(金)24時からは“Mademoiselle”のiTunes Storeでの予約注文もスタート。さらに、来年2020年2月5日(水)にはchelmico、tofubeats、yonawoを集めた3マンライブ『InterFM897 Tokyo Scene Live vol.3』も開催となる。

Info

Digital Single 「Mademoiselle」

配信日:2019年12月20日(金)

M1. Mademoiselle

※12月6日(金)24時よりiTunes Store予約注文がスタート

Digital Single 「ミルクチョコ」

配信日:2019年11月15日(金)

M1.ミルクチョコ

yonawo – ミルクチョコ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

配信リンク
https://yonawo.lnk.to/milkchoco

related

yonawoが3rdアルバム『Yonawo House』を11月にリリース

鈴木真海子とSkaaiをフィーチャーした"tokyo"が話題になっているyonawoが、3rdアルバム『Yonawo House』を11/9(水)にリリースする。

【鼎談】荒谷翔大(yonawo)× 鈴木真海子(chelmico)× Skaai | 「俺らで何かできたら良くない?」って盛り上がったのが“tokyo”のきっかけ

yonawoは今年から関東のとある街の一軒家でメンバー全員が共同生活している。通称「yonawoハウス」。

yonawoが鈴木真海子とSkaaiを客演に迎えたシングル"tokyo"をリリース

yonawoが鈴木真海子とSkaaiを客演に迎えたシングル"tokyo"をリリース

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。