BAD HOPが横浜アリーナでのワンマンライヴを開催 | 地元・川崎でのゲリラライヴでアナウンス

BAD HOPが本日12/7(土)の18時から地元の川崎駅前にてゲリラライヴを決行した。

ライヴではLAで制作された新作EP『Lift Off』からの楽曲が初披露された。ライブは3曲目が終わるタイミングで警察からの警告を受け中止となった。

また会場では予告されていた横浜アリーナでのワンマンライヴ『BAD HOP WORLD 2020』が、3/1に行われると記載された号外『BAD HOP News Paper』も、オーディエンスに配布。このワンマンライヴのチケットは1/15の24時間限定発売とあわせて発表となった。

Info

BAD HOP WORLD 2020
@横浜アリーナ
2020年3月1日(日曜)

チケット販売
専用サイトより
https://badhopworld.com/
2020年1月15日(24時間限定販売)

related

BAD HOPが1月に再び横浜アリーナでのライブを開催

BAD HOPが今年3月に新型コロナウイルスの影響で無観客での開催となってしまった、横浜アリーナでの単独公演を再び来年1/20(水)に緊急開催すると発表した。

BAD HOPのアルバム『BAD HOP WORLD』のデラックス版からHideyoshiとJin Doggをフィーチャーした"Suicide"のリミックスバージョンのMVが公開

BAD HOPが今年リリースした3rdアルバム『BAD HOP WORLD』のデラックス版がリリースされることになり、そこからオリジナルはTiji JojoとT-PABLOWが歌った"Suicide"のリミックスバージョンのミュージックビデオが公開となった。

BAD HOPがクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタート | 地元・川崎や横浜のバーに提供を開始

BAD HOPのT-Pablowが、昨日自身のSNSでBAD HOPとしてクラフトビールメイカー『BUZZ HIGHER』をスタートさせたことを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。