The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by BIM

早くも年末到来ということで、恒例のFNMNLの年末企画がスタート。今年は2010年代も終わりということで、この10年間の中でもっとも印象的だったことをFNMNLと関係の深い方々に訊いていきます!題して『The Most Memorable Thing from the 2010's』。印象的な音楽作品や個人的な思い出まで、どんな出来事がチョイスされていくのかお楽しみに!

今回はTHE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreの中心人物として活動し、若者を中心に絶大な人気を誇るラッパーのBIM。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by BIM

ユウトからTHE OTOGIBANASHI’SのBIM

コメント

OTG’Sをやりはじめて世の中にBIM(B.M&boku笑)という名前がほんの少し出て、「これからの人生楽しくなりそうだぞ。」と「本当に大丈夫か?」がいい具合に混ざってた時期が2010年代初期。そこから色々経て今。何かの途中だけど毎日楽しいです!

2020年代はどのように過ごしたい?

今は想像もできない楽しいコトが待ってると思うのでソレを楽しみたいです。
来年色々予定してます!AVALANCHE 10 全国ツアーなど。

BIM

1993年生まれ、東京と神奈川の間出身。THE OTOGIBANASHI’S、CreativeDrugStoreの中心人物として活動。グループとして2012年『TOY BOX』、2015年『BUSINESS CLASS』の2枚のアルバムをリリース。2017年より本格的にソロ活動をスタート。2018年7月、初のソロアルバム『The Beam』を発表。

related

BIMの最新作『Because He's Kind』からどんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開

BIMが3月にリリースしたアルバム『Because He's Kind』から、どんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開された。

【インタビュー】BIM 『Because He’ s Kind』 | 俺は俺のことをやってるから

昨年は“吐露ノート”、“Yearn”などのシングルやVaVaとのコラボ曲“Fruit Juice”、『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"にも参加し、TV出演も行うなど多彩な活動を見せていたBIM。まとまったソロ作としては2020年の『Boston Bag』以来となったミニアルバム『Because He’ s Kind』には、柔らかいけれども強いエネルギーが込められている。10年を迎えたキャリアで積んだ経験からくる自信や、同時に世界や人に対しての優しい目線を内包するそのエネルギーは、BIMの作品作りにどういった影響を与えているのだろうか。

JUBEEが1stアルバム『Explode』を来週リリース | BIM、in-d、VaVaや(sic)boy、shimizu eisukeなどが参加

CreativeDrugStoreのメンバーであり、一方でダンスミュージックプロジェクトRave Racersも主宰するJUBEEが、1stフルアルバム『Explode』を4/22(金)にリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。