ACOによるカバー作『SING SING SING』から"Feeling Good"のミュージックビデオが公開

ACOが明日11/27(水)にリリースする全曲英詞でのカバー作品『SING SING SING』から、Nina Simoneの"Feeling Good"のカバーのミュージックビデオが公開となった。

本作には往年の名曲から現代のポップソング、多方面の楽曲、Bass: 中尾憲太郎(NUMBER GIRL/Crypt City)、Drums: 柏倉隆史(toe/the HIATUS)、Keyboards: 別所和洋(GENTLE FOREST JAZZ BAND)、そしてSaxphoneに坂田明というバンドメンバーを迎えた作品となっている。

Info

ARTIST : ACO (アコ)
TITLE : SING SING SING (シング・シング・シング)
LABEL : 翡翠
RELEASE DATE : 2019年11月27日(水)
CAT NO. : HISUI-0001
FORMAT : CD(歌詞カード付属予定)/DIGITAL
PRICE : 1,500円+TAX(CD)

収録曲
1. Nina Simone - Feeling Good
2. Amy Winehouse - Valerie
3. Chet Baker - I've never been in love before
4. Billie Eilish - bury a friend
5. Sam Smith - I'm Not The Only One
6. Frank Sinatra - My Funny Valentine

Vocal: ACO
Bass: 中尾憲太郎
Drums: 柏倉隆史
Keyboards: 別所和洋
Saxophone: 坂田明

related

ACOが全曲英詞のカバーアルバム『SING SING SING』を11月にリリース

Billie Eilishの"bury a friend”のカバーが話題となったACOが自身初挑戦となる全曲英詞でのオール・カバー・アルバム『SING SING SING』を11/27(金)に発売する。

ACOがBillie Eilishの"bury a friend"のカバーをリリース

シンガーのACOが大ヒットしているBillie Eilishのアルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』から"bury a friend"のカバーをリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。