ブルックリンのレイヴパーティー『Sustain-Release』のサテライトイベントがContactで開催

ニューヨークはブルックリンのレイブパーティー『Sustain-Release』のサテライトイベント『S-R Meets Tokyo』が1/25(土)にContact Tokyoで開催される。

2014年にスタートした『Sustain-Release』は、ニューヨークの北部アップステートのキャンプ場を舞台に、ブルックリンのローカルDJがラインナップされた唯一無二のレイヴパーティーだ。毎年、ゲストにはヨーロッパを中心にインターナショナルに活躍するDVS1、DJ Stingrey、、LenaWillikens、Kassem Mosse、Legowelt、Courtesy、Batuなど。日本からはDJ Nobu、Wata Igarashi、Powder、Chris SSGなどのアーティストが出演している。また、オーガナイザーを務めるのは、ブルックリンを拠点に世界で活躍するDJ/プロデューサーのAurora Halal。今年で7年目を迎える『Sustain-Release』は、海外メディアでも高く評価されている。さらに、暴力や差別、不快な行為を一切禁止し、オーディエンスとともに作り上げるセーフティな空間を維持するこのパーティーは完全招待制で、チケットが1000人限定という制限を設けながらも発売と同時に秒殺でソールドアウトする、スペシャルなレイヴパーティーに出来上がった。

今回開催される東京編では、『Sustain-Release』に2度の出演を果たしたWata IgarashiやオーガナイザーのAurora Halalを初め、DJ PythonにAkiram Enが登場。さらに上海ALL、Boiler roomなどへの出演を果たすMari Sakurai、CYKのKotsu、解体新書をオーガナイズするRomy Matsが出演する。

Info

『Sustain-Release presents “S-R Meets Tokyo”』
日程: 2020年1月25日(土)
開場/開始: 10:00pm~
料金: DOOR ¥4,000 / W/F ¥3,500 / GH S MEMBERS ¥3,500 / ADV ¥2,500 / BEFORE 23 ¥2,500 / UNDER 23 ¥2,500
LINE-UP
STUDIO X (Main)
Aurora Halal (NYC)
Galcher Lustwerk (NYC)
Wata Igarashi
CONTACT (Bar)
DJ Python (NYC)
Beta Librae (NYC)
Akiram En
JR Chaparro
FOYER (Third floor)
Mari Sakurai
Ultrafog
Kotsu
Romy Mats
Celter

related

【特集】パンデミック下のオンラインZINE | Kotsuとレパーへのショートインタビュー

パンデミックによって外出制限を強いられる状況になり、オンライン上に人が集うようになった。本来ならば、紙に印刷されて手渡しされるZINEも、オンライン上でデータで配布されるものも増えてきた。世界的に声を上げる機会が増えてきている。今回は国内外の状況を俯瞰しつつ、国内のZINE編集者にメールインタビューを敢行した。

全てが遠隔で開催されるオンラインレイヴ『Protest Rave from Isolation』が始動

渋谷や新宿などを舞台に、Mars89、Mari Sakurai、Miru Shinoda、Onjuicyらが参加し、不定期で開催されてきた抗議活動としてのレイヴが、明日よりオンラインにて始動する。

CYKのKotsuがZINE『Crossbreed』をデジタルリリース

CYKのメンバーとして活動するDJのKotsuが、ZINE『Crossbreed』を自身のUntitled Storeにて発売した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。