Tory Lanezが自身の薄毛を克服した方法を明かす

全ての老若男女にとって薄毛というのは悩みの種であるが、それはアーティストにとっても変わらない。先日、ニューアルバム『Chixtape 5』をリリースしたTory Lanezもかつて薄毛に悩まされていた内の1人だ。

先日行われたHipHopDXのインタビューにて、「俺の古い写真を振り返って見ると、俺にとっての唯一の問題は生え際がどっか行ってしまったことだった」と薄毛に悩まされていたことを明かしたToryは続けて、「俺は自分の生え際を直して、残りの部分の髪を成長させたんだ。一部は他の所よりも伸びるのが早いから、休ませないと少し歪になってしまう。その後、俺はブレイズで戻ってきた。皆冗談だと思ってた」と独自の対処法を語っていた。

そして今回、Joe Buddenのインタビュー企画『Pull Up』に登場した彼は、自身の新しい髪型の秘密について話している。あくまで自身はカツラを被っていないと主張するToryは「俺はアフリカ系アメリカ人の髪とラテンアメリカの人の髪を専門にしている医師に診てもらったんだ。基本的に、俺の生え際はどっかに行ってしまってた。彼らは俺の頭の修復を助けてくれた」と語り、さらに「でも頭をスライスして色々奇妙なことをするような植毛をしたわけじゃない。俺はそんなことはしてない。俺のはもっと自然な方法だ」と植毛もせずに薄毛を克服したという。

ではどのようにして彼の髪は復活したのか。Toryによると、彼は自身の頭皮に自分の血液を注入し、髪の成長を回復させるという多血小板血漿(PRP)療法という方法で薄毛を克服したとのこと。この療法について彼は「他の笑っちゃうような方法で薄毛に対処してるやつらが沢山いる。俺の頭には植毛した毛はない。皆俺には追いつけない」と語っており、相当ご満悦のようだ。

また、先述したHipHopDXのインタビューにて、Toryは同じく過去に薄毛に苦しんでいたラッパーのTygaに助けてもらったことを明かしている。彼にとってTygaの助けは相当大きかったようで、「俺がTygaに会ったとき、俺は“(Tygaの)残りの人生で幾らでもフィーチャリングしてあげる”って感じだった」と当時を振り返っている。

インタビュー全編は下の動画から。

related

【コラム】Tory Lanezは有罪か? | Megan Thee Stallion銃撃事件の行方

と、9月26日につぶやいたところ、2日後にFNMNLの和田さんから「なかなか難しいテーマだと思いますが」と、気遣いながらこのテーマで書いてほしい、との発注がきた。ツイッターには「私、こんな情報に注目しています(=記事を書けますよ)」的な意味合いのつぶやきも紛れ込ませているので、いつもならありがたく、うれしい流れだ。でも、このメールを読んだとき、「来ちゃったか」とお腹のあたりが重くなった。今年の5月末に始まったアメリカでのBlack Lives Matterの盛り上がりを受け、日本でもなにが起きているのか理解しようと、様々な解説がされ、文化史を中心に黒人の歴史が見直され、検証されてきた。それ自体はいいことなのだが、今回の一連の抗議運動の土台となる「感情」を説明するのは非常に難しい、という事実も浮かび上がったように思う。そして、私は友人も多い黒人女性の現状について、過度にかわいそうに描かず、しかし実際にとても困難が多いことを伝えようとトライしては、挫折してきた。

Tory LanezがMegan Thee Stallion銃撃後の沈黙を破り新作『Daystar』をリリース|謝罪無しのリリースに批判や再生を控えるよう呼びかける声も

7月、車内でMegan Thee Stallionの足を銃撃し怪我を負わせ逮捕されたTory Lanez。その後彼は保釈されたもののSNSでは多くの批判を浴び、またそれに対するコメントも出していなかったが、本日突如として沈黙を破りニューアルバム『Daystar』をリリースした。

Tory LanezがMegan Thee Stallionを銃撃してしまったのは「飲み過ぎていたから」と謝罪していたことが判明

パーティー会場においてMegan Thee Stallionを銃撃し、逮捕されたTory Lanezに対してはヒップホップシーンからも大きな批判が出ているが、Toryが銃撃した約15時間後にMeganへ謝罪していたことが判明した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。