"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

Complexのインタビューに登場したBoys NoizeはFrank Oceanとの出会いについて、「俺達はA$AP Rockyを通してベルリンで会ったんだ。Rockyと“Babushka Boi”を作っていた時に、Frankが現れたんだ」とA$AP Rockyを通じて、Frank Oceanと出会ったことを明かした。彼は加えて、「RockyとFrankは元々友達だったみたいで、(スタジオに来る)その時まで何をしていたのかは分からなかった。俺はFrankの大ファンだったから、同じ部屋の中で一緒に作業できてとても幸せだったよ。この経験は俺のアーティストとしての哲学の一部だよ」と語っており、Frankとともに楽曲を制作出来たことの喜びを露わにした。

また、Boys Noize曰く、2018年の冬から“DHL”の制作は始まっていたそうで、「その曲(“DHL”)の前半は一緒に作ったものなんだ」と話す彼は自身の音楽に対する考え方について、「俺が思うに(楽曲の)最も重要な部分っていうのは、最初の雰囲気とアイデアなんだ。俺が曲をプロデュースするとき、それは常に進化していくんだ。個人的には曲の上にアイデアを付け加えていくのが好きなんだ。それがあの曲(“DHL”)でも起きたんだ。何かを作って、しばらくの間それと一緒に生活して、呼吸させるんだよ」と独特な表現で語っている。

ちなみに“DHL”はこれまでのFrank Oceanの楽曲に比べて、エレクトロ要素がかなり強いものになっているが、W MagazineのインタビューにてFrankは「俺はずっとクラブだったり、沢山の色々なナイトライフに興味があったんだ」と語っており、続けて「だから今俺が見ているものはデトロイト、シカゴのテクノやハウス、フレンチエレクトロって言ったようなシーンに関係しているんだよ。あと、俺はニューオーリンズで育ったから、俺にとって1番近いナイトライフはニューオーリンズバウンスだったし、トレンドだったよ」と様々なジャンルのエレクトロミュージックへの興味を明言していた。

今回、見事な化学反応を見せたFrank OceanとBoys Noizeだが、2人がそれぞれ今後どのような音楽を我々に届けてくれるのか今から非常に楽しみである。

RELATED

予定されていたA$AP Rockyのスウェーデンの刑務所でのライブが開催不可能に

今年の夏にスウェーデンにて乱闘騒ぎが原因の拘留を受けていたA$AP Rocky。一時は国家間の問題にまで発展したものの無事に釈放され、自身が拘留されていた刑務所の制服をデザインすることまで報じられていたが、今回、彼が収監されていた刑務所で開催を予定していたライブイベントが実現不可能になったことが明らかとなった。

トランプ大統領の弾劾公聴会でスウェーデンでのA$AP Rockyの逮捕が話題にのぼる

今年の夏、スウェーデンで乱闘騒ぎを起こしたことが原因で異例の拘留を受けていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府が介入したことでも大きな注目を集めたその一件が、現在アメリカ議会で行われているトランプ大統領の弾劾公聴会にて話題にのぼったようだ。

A$AP Rockyが拘留されていたスウェーデンの刑務所の制服をデザインするとの報道

今夏スウェーデンの刑務所で暴力事件により拘留されていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府も介入するなど大きな話題になったのは記憶に新しい。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。