"DHL"のプロデューサーであるBoys NoizeがA$AP Rockyを通じてFrank Oceanと出会ったことを明かす

00年代を代表するドイツ出身のエレクトロアーティスト、Boys Noize。最近ではFrank Oceanの久しぶりにリリースされた新曲“DHL”やA$AP Rockyの“Babushka Boi”にプロデューサーとして参加するなど、シーンを跨いでの活躍が目立つ彼がFrank Oceanとの楽曲制作を振り返っている。

Complexのインタビューに登場したBoys NoizeはFrank Oceanとの出会いについて、「俺達はA$AP Rockyを通してベルリンで会ったんだ。Rockyと“Babushka Boi”を作っていた時に、Frankが現れたんだ」とA$AP Rockyを通じて、Frank Oceanと出会ったことを明かした。彼は加えて、「RockyとFrankは元々友達だったみたいで、(スタジオに来る)その時まで何をしていたのかは分からなかった。俺はFrankの大ファンだったから、同じ部屋の中で一緒に作業できてとても幸せだったよ。この経験は俺のアーティストとしての哲学の一部だよ」と語っており、Frankとともに楽曲を制作出来たことの喜びを露わにした。

また、Boys Noize曰く、2018年の冬から“DHL”の制作は始まっていたそうで、「その曲(“DHL”)の前半は一緒に作ったものなんだ」と話す彼は自身の音楽に対する考え方について、「俺が思うに(楽曲の)最も重要な部分っていうのは、最初の雰囲気とアイデアなんだ。俺が曲をプロデュースするとき、それは常に進化していくんだ。個人的には曲の上にアイデアを付け加えていくのが好きなんだ。それがあの曲(“DHL”)でも起きたんだ。何かを作って、しばらくの間それと一緒に生活して、呼吸させるんだよ」と独特な表現で語っている。

ちなみに“DHL”はこれまでのFrank Oceanの楽曲に比べて、エレクトロ要素がかなり強いものになっているが、W MagazineのインタビューにてFrankは「俺はずっとクラブだったり、沢山の色々なナイトライフに興味があったんだ」と語っており、続けて「だから今俺が見ているものはデトロイト、シカゴのテクノやハウス、フレンチエレクトロって言ったようなシーンに関係しているんだよ。あと、俺はニューオーリンズで育ったから、俺にとって1番近いナイトライフはニューオーリンズバウンスだったし、トレンドだったよ」と様々なジャンルのエレクトロミュージックへの興味を明言していた。

今回、見事な化学反応を見せたFrank OceanとBoys Noizeだが、2人がそれぞれ今後どのような音楽を我々に届けてくれるのか今から非常に楽しみである。

related

Tyler, The CreatorやA$AP Rockyがデモへの支持を表明|DrakeやThe Weekndは大規模の寄付を行う

先日のジョージ・フロイドさんが警察によって窒息死させられた事件に端を発する、人種差別への大規模な抗議活動。

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。