POPS研究会が5thシングル"Summer Revison B"をリリース | 11月にはアルバムも

starRo名義でも活躍する溝口真矢によるプロジェクトPOPS研究会が、5thシングル"Summer Revison B"を本日リリースした。

”Summer Revison B”は夏の終わりをイメージしたチルでエモーショナルなトラックに、ある種の皮肉に聞こえてしまうくらい素直で内省的な感情が歌詞として綴られた楽曲。様々な経験から、自らを客観視し、本音を絞り出した歌詞はPOPS研究会の独自の視点を感じるものとなっている。

また11月にはアルバムのリリースが決定した。

Info

タイトル: Summer Rivison B
リリース日: 2019/10/30 水曜日
リリース形態: デジタル配信
作詞/作曲: 溝口真矢(starRo)

Shu Sasaki (PERIMETRON)

Cota Mori(DWS JAPAN)

楽曲配信URL https://linkco.re/8e2dhY3m

related

POPS研究会が本日1stアルバム『Am I Weak Enough to be Strong? “The Idea of Desirable Difficulty”』をリリース

starRoが日本を拠点に、作りたい音楽と純粋に向き合い、伝えたいメッセージを日本語歌詞で書き、ポップミュージックという現代音楽のパッケージに変換するプロジェクトPOPS研究会が、本日1stアルバム『Am I Weak Enough to be Strong? “The Idea of Desirable Difficulty”』をリリースした。

POPS研究会が来週1stアルバムをリリース | 本日から10日間で10本のリリックビデオを公開

starRoの別名義プロジェクトであるPOPS研究会が、11/20(水)に1stアルバム『Am I weak enough to be strong? “The idea of desirable difficulty”』をリリースする。

starRoの別名義POPS研究会が4thシングル“No One”を配信リリース

8/7に3rdシングル”Sonomama”をリリースしたPOPS研究会が、本日4thシングル“No One”を配信リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。