ヴェイパーウェイヴの世界初となるディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』がDU BOOKSより発売

2010 年代初頭のインターネット上に突如現れ、80〜90年代のさまざまなカルチャーを内包しつつ独自に発展を遂げるジャンル「ヴェイパーウェイヴ」。その誕生から現在までを紐解くディスクガイド『新蒸気波要点ガイド ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019』が、DU BOOKSより12月6日に発売される。

ヴェイパーウェイヴは80年代の音源、店内BGMなどの音質を落としてループさせたサウンド、デタラメな日本語を使った作品名やアーティスト名、およびデタラメなアートワークが特徴。CDショップなどにはめったに並ばないが、インターネット上では大量の新作が日々生み出されている。そんな同ジャンル、さらにシティポップブームとも共鳴するFuture Funkなどの派生ジャンルも網羅した決定版となる本書は、世界初にして唯一の「レコード屋では売っていない音楽」のディスクガイドとなる。

info

新蒸気波要点ガイド
ヴェイパーウェイヴ・アーカイブス2009-2019
佐藤 秀彦 [著] New Masterpiece [編]
ISBN978-4-86647-086-3 A5・並製・192頁予定 予価:本体2,500円+税 発行元:DU BOOKS 発売元:株式会社ディスクユニオン

《おもな内容》
◎作品レビュー(約300タイトル)
◎Pre-Vaporwave対談 (Vaporwave発生までの楽曲形式の変化について)
◎蒸気波小辞典
◎世界蒸気波レーベル相関図 ◎Vaporwaveの思想/ミーム/美学について ◎Vaporwaveに影響を与えた70s-90sのカルチャー
(竹内まりや「Plastic Love」/ HIP HOP / ゲーム / アニメーション) ◎めくるめく蒸気波ジャケットの世界 ◎蒸気波を感じるファッション・イラスト
(作画:西尾雄太 / ぼーぶら(ピンクネオン東京) ◎アーティストインタビュー
(Neon City Record(s 香港)/ Equip(シカゴ)/ 骨架的(NY)/ 豊平区民TOYOHIRAKUMIN(札幌)/ Seikomar(t 札幌)/ Robin Burnett)

《レビュー・特集執筆陣》
ばるぼら / さやわか /
捨てアカウント (Local Visions) /
sen kiyohiro / 小鉄昇一郎 / ブギー・アイドル / imdkm /
糸田屯 / 四日市 /
ESC TRAX (Ca5 / ebi1000 / suesett) / 庄野祐輔 (MASSAGE MAGAZINE) / 赤帯 / フミ / ΔKTR /
hitachtronics (New Masterpiece)

著者略歴:佐藤秀彦(さとう・ひでひこ)
ライター。2017年に電子音楽レーベル「New Masterpiece」より、 本書の前身となるZINE『蒸気波要点ガイド』を上梓。
編者:New Masterpiece
HP https://newmasterpiece.tumblr.com/
bandcamp https://newmasterpiece.bandcamp.com/

related

GEZANのマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を刊行

GEZANのフロントマンであり自主レーベル・十三月の運営、フリーフェス『全感覚祭』の主催や映画出演など、ボーダーレスな活動で注目を集めるマヒトゥ・ザ・ピーポーが初のエッセイ集『ひかりぼっち』を、11/17(火)に刊行する。

ウェス・アンダーソンの映画っぽい場所の写真を投稿する人気インスタアカウントが書籍化|ウェス・アンダーソン本人が序文を執筆

世界の現実の風景から『グランド・ブダペスト・ホテル』や『犬ヶ島』で知られるウェス・ アンダーソン監督の映画に出てきそうな場所をセレクトし投稿するInstagramアカウント@AccidentallyWesAndersonが書籍化、DU BOOKSから発売される。

Stone Islandの歴史を集約した書籍『STONE ISLAND: STORIA』が刊行

1982年にイタリアで設立されて以来、最先端のアウターウェアとして世界中において熱狂的なファンを獲得してきたブランドStone Island。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。