D.A.N.がワンマンツアーを前に新曲"Aechmea"を緊急リリース

D.A.N.が今週10/18(金)の静岡・浜松の窓枠からスタートする全国ツアーを前に新曲"Aechmea"をリリースする。

"Aechmea"は9分に及ぶ大作で、2部構成となっている。

2ndアルバム『Sonatine』以来の新曲"Bend"、"Elephant"とともに、東名阪ツアー『BEND』を走り抜け、海外での配信リリースなど、
確実にその活動スケールを広げているD.A.N。そんななかはじまる国内ツアー『PERMANENT』開始とともに届けられた新曲が"Aechmea"だ。
もともとは"Aechmea"、ただ1曲として長尺の楽曲として成立していた楽曲が、"I"、"II"のふたつの楽曲にセパレートされて発表された。
悠久の時の流れを描くような、櫻木大悟のヴォーカル─幽玄に重なるピッチシフトされた声の連なりでスタートする"I"。
その後ろ側には新たに彼らが選び取った、市川仁也のエレクトロニック・チェロの響きが交差する。Arca以降のアヴァン・エレクトロニクス〜Arthur Russellの『ワールド・オブ・エコー』を彷彿とさせるコスモロジー、それは川上輝のアートコア・ジャングルを援用したかのようなドラムで一気に走り抜ける。そしてスペーシーなシンセ・サウンドとともに一転してゆったりとダビーでヘヴィーなグルーヴへと移行する"II"。
"I"とモチーフを共有しながら、そのコズミックな世界観を拡張するように壮大なヴィジョンの彼方へと遠ざかっていく。
本楽曲はあたかも、拡大する、D.A.N.のその活動のスケールをそのまま示す、壮大なるヴィジョンを描いていく。
Text by 河村祐介

Info

digital new single
『Aechmea』
1. AechmeaⅠ
2. AechmeaⅡ

発売日:2019.10.16(wed)
SSWB / BAYON PRODUCTION

D. A. N. TOUR 2019 "PERMANENT"
10月18日(金) 浜松窓枠
OPEN/START:18:30/19:00
10月26日(土) 新潟GOLDEN PIGS RED
OPEN/START:17:30/18:00
10月27日(日) 金沢AZ
OPEN/START:17:30/18:00
11月06日(水) 大阪BIG CAT
OPEN/START:18:30/19:30
11月08日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
OPEN/START:18:30/19:30
11月17日(日) 福岡 beatstation
OPEN/START:17:30/18:00
11月23日(土) 仙台 Darwin
OPEN/START:17:30/18:00
11月24日(日) 札幌 cubegarden
OPEN/START:17:30/18:00
12月05日(木) 渋谷O-east
OPEN/START:18:30/19:30

http://d-a-n-music.com/

related

D.A.N.が10月に開催したワンマンの模様を収録したライブアルバムを緊急リリース

D.A.N.が10月に渋谷・WWW Xで開催したワンマン公演『Strand』の模様を収録したライブアルバムを、明日リリースする。

BIM、D.A.N.とNo Busesによるオールナイトイベントが2月に開催延期 | 振替公演には髙城晶平がDJで出演決定

12/29(火)にTSUTAYA O-EASTで開催される予定だったBIM x D.A.N. x No Busesの3マンイベント『 BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 – 』が来年2月に延期されることになった。

BIMとD.A.N. 、No Buses による3マンイベント『エレクション大作戦』のPOP UPが渋谷TSUTAYAで開催中

12/29(火)にTSUTAYA O-EASTで開催されるBIMとD.A.N. 、No Busesによる3マンイベント『エレクション大作戦』のPOP UPが、現在渋谷TSUTAYA 7Fで開催中だ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。