A$AP Fergが一時期ミームとなった自身のTwitter上でのやりとりを振り返る

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたA$AP FergがNo Jumperのインタビューに登場。自身のセカンドアルバム『Always Strive and Prosper』リリース当時に話題になったTwitter上でのやりとりを振り返っている。

すでに知っている人も多いだろうが、今から遡ること4年前の2015年、Fergと記者のTwitter上でのやりとりがミームになったのはご存知だろうか。そのやりとりというのが、Fergが自身のセカンドアルバム『Always Strive and Prosper』をリリースするタイミングでのものなのだがTwitterには当時の画像が残されている。


Michell C. Clarkという記者がまず、「A$AP Fergが彼の来たるアルバムをアナウンス」とツイート。このツイートを見つけたFergは「セカンドだ」とだけ返信。Clarkは「すいません、(さっきのツイートに)何か直すべき箇所がありましたか?」と聞いたところ、Fergは「お前は4枚目のアルバムって言ってるけど、セカンドだ」と答えている。実は、Clarkの最初のツイートにある‘Fourthcoming’の意味は‘4枚目の’という意味ではなく‘間近に迫る’や‘今度の’という意味。それをなぜかFergは勘違いしてしまい、「セカンドだ」という反応をしてしまったのである。当時、上記のやりとりを見たユーザーたちは大ウケし、一気にミームとなった。

その後、Fergは「流し読みしてしまっていた。お前は正しかった、ありがとう」と釈明し、このやりとりは終わるのだが、今回、No Jumperのインタビューに登場した彼は当時のことを振り返っている。

「正直に言うと、俺は‘Fourthcoming’がどういう意味なのか知らなかったんだ」と当時は単語の意味を知らなかったと明かしたFergは続けて「あの時のことを思い出すと、俺たちはいつも笑ってしまうんだ。多分、皆‘え、あいつめっちゃバカじゃん’って感じで笑ってたと思う。皆‘Fourthcoming’の意味を知っていたんだろうか?俺は(あの時は)起きたばかりだったからって嘘をついてしまったけど、本当に‘Fourthcoming’の意味を知らなかった。だから猛勉強したよ」と反省し、勉強しなおしたそう。

思わぬFergのかわいげのある一面が明らかになったが、もう彼は同じようなミスは犯さないだろう。

インタビュー全編は下の動画から

related

A$AP FergがRich the Kidの“New Freezer”はKendrick Lamarが自分だけフィーチャリングされるのを条件に参加したと明かす

先日、ニューEP『Floor Seats』をリリースしたばかりのASAP FergがDJ Whoo Kidのインタビューに登場。2017年にリリースされたRich the Kidのデビューアルバム『The World Is Yours』に収録されている“New Freezer”には初め、自身が参加していたことを明かしている。

A$AP Fergが以前Yeezyを転売目的でゲットするために2日間列に並んだことがあると明かす

今週末開催されていたアメリカのメディアComplexによるイベントComplex Conに登場したA$AP Fergがスニーカーにまつわる、あるエピソードを披露した。

A$AP Fergが新作『Still Striving』を近日リリースとアナウンス

A$AP Mobの中心メンバーが止まらない

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。