星野源が4曲入りのEP『Same Thing』を今月リリース | PUNPEE、Superorganismが参加

星野源が『POP VIRUS』に続く、4曲入りの新作EP『Same Thing』を10/14(水)にリリースすると発表した。

タイトル曲は、ロンドンを拠点に活躍する8人組多国籍バンド・Superorganismと共に制作した楽曲。星野のライブを観に訪れたことをきっかけに友人関係を深め、実際にメンバーたちとスタジオに入り制作がスタートした。星野源が作詞・作曲をし、Superorganismが編曲を担当。全編英語詞の楽曲となっている。

"さらしもの"にはPUNPEEが参加、共にスタジオで長い時間をかけてリリック制作、楽曲アレンジメントを突き詰めた。さらに星野自身初のラップが収録されている。

EP『Same Thing』にはその他に、驚きのアーティスト(詳細は後日)とのコラボレーション楽曲である"Ain’t Nobody Know"、ギターと声のみで構成された"私"も収録する。

『Same Thing』というEPは僕にとって、遊びであり、挑戦であり、音楽家としての叫びです。恐ろしいほどのワクワク感と共に「音楽人生、まだこんなに面白いことがあるのか」と楽しい刺激を常に感じながら制作した最高の4曲です。お楽しみに。

Info

星野源
NEW EP『Same Thing』
2019.10.14 OUT (Download & Streaming)

1 Same Thing (feat. Superorganism)
2 さらしもの (feat. PUNPEE)
3 Ain't Nobody Know
4 私

RELATED

星野源のApple Musicでの解禁を記念してBeats 1で特別番組『Pop Virus Radio』も配信

本日8/30(金)から、星野源の全作品とミュージックビデオが遂に解禁となり、日本を含めた世界115カ国以上でストリーミング解禁となった。

星野源の全楽曲がストリーミングサービスで本日解禁

昨年リリースされたアルバム『POP VIRUS』の大ヒットにはじまり、男性ソロアーティストとして史上5人目となる5大ドームツアーを開催し33万人を動員するなど、際立った活躍を続ける星野源。

RAU DEFがニューアルバム『ESCALATE III』を9月にリリース|12月には渋谷WWW Xにてワンマンも開催

RAU DEFが前作「DELICACY」から1年ぶり、「ESCALATE」シリーズとしては4年ぶりとなるニューアルバム『ESCALATE III』を9/25(水)にリリースする。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。