Young ThugがKanye Westに『Jesus Is King』に自身のバースがあるか確認をとる

先週金曜日の9月27日にリリースされる予定だったKanye Westのニューアルバム『Jesus Is King』。アメリカの各地でリスニングパーティは行われたようだが、結局アルバム自体はリリースされずじまいとなってしまっている中、Young Thugが自身の参加した楽曲は『Jesus Is King』に収録されているのか、Kanyeに質問を行っている。

遡ること約1年前、Young Thugは自身のTwitterで「Kanye Westへ。もし俺が『Yandhi』に参加出来ないなら、もう二度と口をきかない #OnGod」とツイートしていた。


当時、Kanyeは『Yandhi』というタイトルのニューアルバムをリリースすると告知しており、上記のツイートはそれに対するものであった。しかし、結局『Yandhi』はリリースされないまま、今に至っているのは皆さんご存知の通り。

そんな中、今週日曜日の9月29日、Kanyeの妻であるKim Kardashianが自身のTwitterにて『Jesus Is King』のトラックリスト(確定版?)と見られる画像を投稿し、大きな話題となった。そのツイートがこちら。


画像には10曲のタイトルが綴られているが、その上から3つ目に“On God”と書かれているのが分かる。そして、1年前のYoung Thugのツイートにも#OnGodの文字。つまり、『Yandhi』ではないものの、この時点では、Young Thugが参加した楽曲“On God”が『Jesus Is King』に収録される見込みであることが明らかになったわけだ。


しかし、結局のところ、完成版のアルバムにYoung Thugが参加しているかどうかはリリースされてみないと分からない。彼自身も自分のヴァースが『Jesus Is King』に収録されているか心配になったようで今週水曜日、自身のTwitterでKanyeに質問をしている。


「よお、Kanye West。悪魔についての俺のヴァースは『Jesus Is King』にまだ収録されているよな?」と彼はKanyeに確認。悪魔についてのヴァースというのがなんとも不気味だが、Kanyeはこのツイートに対し返信をしていない。

先日には、「もうゴスペルしか作らない」と宣言した上に、自身の映画の公開まで告知したKanyeだが、ファンからすると早くアルバムをリリースして欲しいという気持ちしかないのが正直なところだろう。ファンのみならずYoung Thugまでもが内容を気にする『Jesus Is King』だが、Kanyeはいつリリースしてくれるのだろうか。

related

Kanye Westが新たなインタビューでA$AP Rockyの釈放に向けて動いた経験とトランプ支持による批判を振り返る

昨年もアルバム『JESUS IS KING』をリリースする一方でトランプ大統領の支持を表明し続け物議を醸していたKanye West。そんな彼の新たなインタビューがWall Street Journalにて公開されている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

Frank Ocean、Kendrick Lamar、Kanye Westなどの楽曲が使用される映画『WAVES/ウェイブス』の予告編が公開

『ムーンライト』や『レディ・バード』、『ヘレディタリー/継承』など次々と話題作を発表して、ハリウッドに新風を吹き込む映画制作会社のA24。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。