ケンチンミン、illmore、pinoko、15MUSのリリパとして『Chilly Source Hangout #2』が開催決定 | SIRUP擁するSoulflexがゲスト出演

チルなヒップホップを中心に様々なクリエイティブを発信しているChilly Source(チリソース)が、イベント『「Chilly Source Hangout #2 – Special Release Party -Supported by ManhattanRecords』を、10/19(土)に代官山 SPACE ODD & Café Habanaで開催する。

今回のパーティーは、Chilly Sourceに所属するケンチンミン、illmore、pinoko、15MUSのリリースパーティーとして開催。それぞれ、普段とは一味違うパフォーマンスを準備している模様だ。またスペシャルゲストとしてSIRUP、ZIN、Ma-Nuの3名のシンガー/ラッパーを擁するSoulflexがスペシャルゲストで出演決定。フルバンド編成でのライヴは注目だ。

Soulflex

さらにChilly Sourceとゆかりの深いビッグアーティストがスペシャルシークレットゲストとして出演することも決定した。今回もメイン会場となる代官山 SPACE ODDと同じビル内にあるキューバンメキシカンCafe Habana TOKYOが往来自由となり、Chilly Sourceとの特別コラボメニューも用意している。

Info

公演名: Chilly Source Hangout #2 – Special Release Party – Supported by ManhattanRecords

(略称: Chilly Source Hangout#2)

日程: 10月19日(土)

出演: [LIVE] Soulflex, illmore, pinoko, ケンチンミン, 15MUS, ニューリー & Akusa, and Special Secret Guest !

[DJ] Chilly Source Crew

時間: OPEN 15:00 – CLOSE 21:30

会場: 代官山 SPACE ODD & Café Habana

料金: 前売:3500円(税込/1drink別)

当日: 4000円(税込/1drink別)

座席形態: オールスタンディング

プレイガイド: イープラス、ローソンチケット

チケット発売: 2019年9月21日 (土) 10:00〜

主催・制作: CREATIVEMAN PRODUCTIONS

共催: Chilly Source

協力: ManhattanRecords、Cafe Habana Tokyo

問合せ: SPACE ODD 03-6452-5671 / spaceodd-info@spaceodd.jp

公演ページURL: https://www.creativeman.co.jp/event/chilly-source-hangout-02

related

10周年を迎えたSoulflexがビルボードライブ大阪から初の配信ライブを開催

2010年から大阪を拠点に活動をスタートさせ、コンポーザー/プロデューサーのMori Zentaroを中心にペインターや写真家も含む11名の才人で構成されたコレクティヴSoulflexがキャリア初の配信ライブを、ビルボードライブ大阪から8/19(水)に開催する。

PEARL CENTERとSoulflexのコラボ曲"Mixed Emotions"のミュージックビデオが公開

PEARL CENTERがSoulflexとリリースしたコラボ楽曲"Mixed Emotions"のミュージックビデオを公開した。

MATTON率いるPEARL CENTERがSoulflexとのコラボ曲"Mixed Emotions"をリリース

4月にリリースしたデビューEPが各方面で好評の元PAELLASのMATTON率いる4人組PEARL CENTER。新型コロナウィルスの影響によりライブ・パフォーマンスの機会が失われる中「And become one」と銘打ったコラボレーションプロジェクトをスタートした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。