KEIHINによるレーベルProwlerの第2弾としてSumisonicの『Flail EP』がリリース

日本のアンダーグラウンドシーンでキャリアを積んだDJ、KEIHINが自身の音楽性をより深く掘り下げる為始動したレーベルProwlerの第ニ弾として、彼の長年の盟友Sumisonicによる『Flail EP』がリリースされる。

『Flail EP』は2008年にドイツのレーベル〈Statik Entertainment〉よりリリースされた“Cyclone”以来のSumisonicによる作品となる。変則的なビートで独特のグルーヴ感を作り上げたディープテックトラック2曲に、レーベルオーナーKEIHINによるリミックス、さらにBack to Chillのオリジナルメンバーであり、7even Recordings、Samurai Horoなどからのリリースでお馴染みのEnaによるドープなリミックスも収録。

ダンスミュージックの新しい地平に踏み込んだ意欲作だ。

INFO


Cat: PROW002
Label: Prowler
Title: Flail EP
Genre: Techno/Bass/Breakbeats/ Industrial
Format: Vinyl EP ※ダウンロードパス付き
Release Date: Oct. 2019
Price: ¥ 1,100 (税抜)

Track List:
A1:Flail
A2:Hendrixon
B1:Flail(KEIHIN Remix)
B2:Hendrixon(Ena Remix)

related

2週間の休業を決定したContactがライブ配信を開催 | ¥ØU$UK€ ¥UK1MAT$U、Gonno、KEIHIN、Kotsuなどが登場

新型コロナウイルス感染防止への配慮など現在の社会状況を鑑みて東京・渋谷のContactが3/25(水)~4/6(月)の間休業を決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。