Futureがただのチキンサンドを売り切れ続出中のPopeyesのチキンサンドに偽装しガールフレンドにプレゼント

フライドチキンチェーン同士のチキンサンド対決「#ChickenWars」の盛り上がりによって、売り切れが続出しているPopeyesのフライドチキンサンド。以前Quavoがチキンサンドを大量に買い占め一つ1000ドルで転売しようとしたことを報じたが、今回はPopeyesのチキンサンドを購入出来なかったFutureがまさかの行動に出たようだ。

Complexによると、Futureは自身のInstagramのストーリーに「地元でフライドチキンサンドを買って、一週間前から車の中にあったPopeyesの袋に入れて彼女にプレゼントしたぜ。彼女は今、もっと俺のことを愛してるよ。知覚が全てだ」と投稿。なんと全く別のチキンサンドをPopeyesの袋に入れ、あたかもレアな商品の購入に成功したかのように偽装しガールフレンドにプレゼントしたというのだ。

人気ラッパーらしからぬ姑息な行為だが、そうまでしてもガールフレンドを喜ばせたかったのだろうか。ガールフレンド自身はFutureがPopeyesのサンドを買ってきたと思い込んで美味しく頂いたのだろうが、事の真相を知れば怒るに違いない。

チキンサンドを巡った悲喜こもごもが様々な所で報告される昨今。殺伐としたニュースが多い世の中だが、食べ物でここまで盛り上がることが出来る人類にはまだ希望が残されているのかもしれない。

related

Futureが「トラップをポップミュージックに押し上げたのは俺だ」と主張

先週金曜日にニューアルバム『High Off Life』をリリースしたFuture。そんな彼が、トラップミュージックに自身がもたらした功績を自ら主張し話題を呼んでいる。

FutureがJuice WRLDの死について「まだ心を痛めている」と語る

昨年12月に21歳の若さにして命を落としたJuice WRLD。そんな彼とコラボアルバム『WRLD ON DRUGS』をリリースしていたFutureが、インタビューにて彼の死について語っている。

FutureとDrakeのコラボ曲“Life Is Good”のMVが公開

先日よりコラボプロジェクトが予告されていたFutureとDrakeの二人が、コラボ曲“Life is Good”をリリース。同時にMVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。