Young Thugが洋服のコーディネートに失敗したことはないと豪語

先日、リリースしたニューアルバム『So Much Fun』が自身初となるBillboardアルバムチャート1位を獲得したYoung Thug。早くも新プロジェクトのリリースをほのめかすなど精力的に活動している彼は今回、GQのインタビューに登場。自身のファッションについて語っている。

『Jeffrey』でのドレス姿などヒップホップシーンの中でも随一のファッションセンスを持つYoung Thugだが、インタビュアーからのコーディネートを失敗したことはあるかという質問に対し「あー、ないね」と回答。その理由を聞かれると彼は「なぜなら俺はファッションが大好きなんだよ。ファッションが大好きなだけなんだ。一度自身のファッションに対する考え方を持てば、醜いものなんか無いことが分かるはずだ」と自分自身の考えを持つことが重要だと述べた。さらに彼は自身のファッションに対する考え方として、「服なんてほんの些細なことだ」と付け加え、服よりも自分のスタイルを持つことの重要性を語った。

またスタイリストを雇わず、自分自身でスタイリングをしているのかという質問に対しては「イエス、俺は自分でスタイリングしている。たまにスタイリストにやらせてあげてるけどね。その人が‘私はYoung Thugのスタイリングをしたことがある’って自慢できるようにね」と余裕を見せている。

話題は彼が先日発表した自身のブランド“SPIDER”に及び、「今、俺は服を作るという自分の夢を実現できるようになった。男性物も女性物もユニセックスの物もね。俺は俺自身がやりたいことを実現できるようになったんだよ。これは俺が今までの人生でずっと望んできたことだ」と自身のブランドを持つことが出来た喜びを語るとともに、服を作ることが長年の夢だったことも明かした。

先述したように、Young Thugはシーン随一のファッショニスタだが、このようなファッションに対する深い愛情と信念を持っているからこそコーディネートに失敗したことはないと言い切れるのだろう。

インタビュー全編はこちらから読むことが出来る。

related

アドビがYoung Thugの新作『Punk』をテーマにしたクリエイティブチャレンジを開催 | グランプリの作品を用いたジャケットをYoung Thugが着用へ

アドビが10月にニューアルバム『Punk』をリリースするYoung Thugとクリエイティブチャレンジを開催する。

Lil DurkがミームとなったYoung Thugとの画像について詳細を明かす

2年ほど前、コラボ曲を制作していたYoung ThugとLil Durkがパソコンを見つめる画像がインターネットミームとして流行したことを覚えているだろうか?Young Thugの神妙な面持ちとLil Durkのポカンとした表情がなんとも可笑しいこの画像は現在でもしばしばTwitter等で用いられているが、今回、Lil Durkが画像についてのSNS上の声に反応した。

Young Thugの愛犬Ms Tootieが亡くなる|タトゥーを腕に彫ることで追悼

先日はPop Smokeの遺作『Shoot For The Stars Aim For The Moon』収録曲への参加で話題を呼び、またTravis Scottとのコラボも噂されているYoung Thug。そんな彼のSNSにしばしば登場していた愛犬Ms Tootieが先日この世を去ってしまったことが報じられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。