アンディ・ウォーホルの大回顧展が京都で来年開催

ポップアートの旗手としてアートシーンに多大な影響を与えたアンディ・ウォーホルの大回顧展『ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト』が、2020年9月19日(土)から、京都の京都市京セラ美術館 新館 東山キューブで初開催されることになった。

この回顧展は、ウォーホル美術財団公式美術館の『The Andy Warhol Museum (アンディ・ウォーホル美術館)』
所蔵作品のみで構成される日本初の試みとなり、京都にも造詣の深かったウォーホル自身に迫る内容。イラストレーターとして活躍していた1950年代の初期作品をはじめ、1960年代に制作された『死と惨事』シリーズに代表される象徴的なキャンバス作品、映画やテレビ番組などの映像、注文絵画としてのセレブリティのポートレート、そして、宗教画を参照した晩年の作品を展示します。大衆消費社会のいわば光と影の両面を映し出すアンディ・ウォーホルの作品約200点を展示する。

会場は、80年を超える歴史を持つ京都市美術館が京都市京セラ美術館としてリニューアルオープンする際に新たに作られる新館 東山キューブでの開催となり、リニューアル後、最初の海外展となる。

回顧展の詳細に関しては、今後、公式ホームページ・SNSにて随時発表される。

Info

【展覧会名】:ANDY WARHOL KYOTO / アンディ・ウォーホル・キョウト
【会期】 :2020年9月19日(土)〜2021年1月3日(日)
【会場】 :京都市京セラ美術館 新館 東山キューブ
【主催】 :京都市、アンディ・ウォーホル美術館、ANDY WARHOL KYOTO実行委員会
【企画】 :imura art planning、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
---------------------------------------------------------------------------------------
◆公式ホームページ https://www.andywarholkyoto.jp/

RELATED

アートマガジン『MUEEN』のPOP UPがTOKYO CULTUART by BEAMSで開催

東京・新宿のBEAMS JAPAN 4FのTOKYO CULTUART by BEAMSで、創刊されたばかりのアートマガジン『MUEEN』のPOP-UPが、10/25(金)から開催される。

オーストラリアの出版レーベルKNOWLEDGE EDITIONSの日本初のアーカイヴ展が開催

オーストラリアのメルボルンを拠点に活動するアーティスト/デザイナーTim Coghlan。彼が主宰する出版レーベル・KNOWLEDGE EDITIONSの作品を披露する日本初の展示『ARCHIVE』が、10/4(金)に東京・幡ヶ谷のgallery communeで開催される。

長場雄が四国で初の個展を開催 | テーマは「酒」

長場雄はイラストレーターやアーティストとして個展を開催する他、雑誌、広告、様々なブランドとのコラボレーションなど領域を問わず幅広く活動している。そんな長場が四国での初個展を高知のOKYAKUで開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。