【スナップ】What are you listening to? Vol.3

"What are you listening to?"
〜街で気になるあの人は何を聴いている?〜

街でセンスがいい人とすれ違うと、その人が何を聴いているのか気になった事はあるだろうか。音楽とファッションは非常に結び付きが強く、スタイルと聴いている楽曲が一致している事も多い。その一方で、 その人の服装からは想像できない意外な楽曲を聴いていることもあるだろう。街を歩きながら音楽を聴く人に声をかけ、その人がどのようなスタイルを持っているかをスナップとミニインタビューで探った。

今回は流行に敏感な学生が集う、ファッションの名門校である文化服装学院にてスナップ!

lil Cotetsu 18歳(ラッパー)
今聴いていた曲:E-40 - "Chase the Money"

Faiyaz 18歳(DJ)
今聴いていた曲:Skepta - "Bullet from a gun"

かりん 19歳(学生)
今聴いていた曲:Rioux - "Evolver Theme"

babu 18歳(学生)
今聴いていた曲:Rancid - "Time Bomb"

美南 19歳(学生)
今聴いていた曲:Cowgirl Clue - "Icebreaker"

リンカ 18歳(学生)
今聴いていた曲:GeG - "Merry Go Round"

馬渕 祥羽 20歳(学生)
今聴いていた曲:King Gnu - "Prayer x"

mAru 21歳(学生)
今聴いていた曲:米津玄師 - "ピースサイン"

 

info

文化服装学院

https://www.bunka-fc.ac.jp/

Instagram

Twitter

related

【パーティースナップ】YA3i presents Homecoming Dance Party 『遊星X2020』|SCIENCE FICTIONなハロウィン

ハロウィンの10月31日、下北沢CREAMにて行われたイベント『遊星X 2020』。このパーティーは、ガールズパーティークルーYA3iが主催のイベントで、普通のハロウィンイベントとは一味違ったパーティーである。テーマとドレスコードに「SCIENCE FICTION」を掲げ、参加者全員が何かしらのSFのキャラクター/テイストのファッションに身を包みイベントに臨んだ。

【特集】Life with Tattoo Vol.3|『10人のFirst Tattoo』

本記事では、様々な分野のタトゥーを入れているアーティストに「初めて入れたタトゥー」についてスナップとミニインタビューを掲載。最初に入れるに到る心境や、タトゥーのデメリットなどを訊いている。

【スナップ】What are you listening to? Vol.8 in『Black Lives Matter Charity Exhibition "Unity"』

今回は、9/26(土)と9/27(日)の2日間限定で原宿のGallery COMMONにて開催された、Awichが主宰するアートエキシビジョン『Black Lives Matter Charity Exhibition "Unity"』にてスナップ。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。