美学校が創立50周年を記念した展覧会『美学校クロニクル 1969-2019 ~51年目の現在~』を開催

東京・神田神保町にある美学校が、創立50周年を記念した展覧会「美学校クロニクル 1969-2019 ~51年目の現在~」を開催中だ。

1969年に出版社の現代思潮社によって設立された美学校。開校当初の講師には、赤瀬川原平、中村宏、中西夏之、松澤宥、菊畑茂久馬、木村恒久、澁澤龍彦、巖谷國士、埴谷雄高らが名を連ね、以降も、小杉武久、鈴木清順、木村威夫、吉田克朗などが教壇に立ってきた。

2000年以降は小沢剛、会田誠、久住昌之、菊地成孔らを講師に迎え、現代美術、マンガ、ファッション、音楽などの講座を新設。2019年現在、7科32教程を開講している。

今回の展示では美学校の歴史と同じく築50年を迎えた校舎を舞台に、貴重な資料や現役講師陣の作品を展示し、広く一般に公開する。また書籍『美学校 1969-2019:自由と実験のアカデメイア』も晶文社より刊行、歴代講師・修了生をはじめ、本校に縁のある人々の寄稿や証言、資料などから、これまでまとまった形で記録されることのなかった美学校の50年を紐解く。

また8/31(土)には渋谷・O-nestで50周年パーティーを開催、JAZZ DOMMUNISTERSやテンテンコ、岸野雄一、RGLなども出演する。

Info

◆ 展覧会「美学校クロニクル 1969-2019 ~51 年目の現在~」
会 期 :2019 年 8 月 9 日(金)~8 月 25 日(日)[休み:月曜、火曜、水曜]
時 間 :12:00~20:00
会 場 :美学校 本校(東京都千代田区神田神保町 2-20 第二富士ビル 3F)
入 場 料 :無料 出展作家:生西康典+実作講座「演劇 似て非なるもの」受講生、池田晶紀、上原修一、遠藤一郎、 大原大次郎+本多伸二+宮添浩司、OJUN、岡田裕子、小田島等、岸井大輔、清野耕一、倉重迅、後藤秀聖、 古藤寛也、斎藤美奈子、佐々木良枝、佐藤直樹、田島徹、田中偉一郎、都築潤、中ザワヒデキ、鍋田庸男、 西村陽一郎、根本敬、濱田謙一、マジック・コバヤシ、間島秀徳、増山吉明、松蔭浩之、松田修、松村宏、 丸亀ひろや、ミシェル・ザカライアス、水野健一郎、三田村光土里、宮島葉一

◆ 同時開催「Artrans Gigmenta 2019~美学校 第 51 期生 アンデパンダン展~」
今年 4 月にオープンした「美学校スタジオ」で、今期生 50 名超による展覧会を同時開催。
会 期 :2019 年 8 月 9 日(金)~8 月 25 日(日)[休み:月曜、火曜、水曜]
時 間 :12:00~20:00
会 場 :美学校 スタジオ(東京都千代田区西神田 2-4-6 宮川ビル 1 階(袋小路奥) 入 場 料 :無料

◆ 関連イベント「Sound of Gigmenta 2019 ~美学校 50 周年パーティー!!~」
50 周年を記念したアニバーサリーイベント。新旧美学校講師や卒業生、ゆかりのアーティストなど、 豪華アクトによる一夜限りの饗宴。
日 程 :2019 年 8 月 31 日(土)
時 間 :17:00~22:20
会 場 :O-nest 5F&6F(東京都渋谷区円山町 2-3 6F)
入 場 料 :予約 3,000 円/当日 3,500 円(ドリンク別)
出 演 者 :JAZZ DOMMUNISTERS(菊地成孔 × 大谷能生)、TypogRAPy、世武裕子、かっぱ師匠、 栄免組、DJ TECHNORCH、テンテンコ、岸野雄一、numb、横川理彦、rowbai、RGL、Joshunend、玉名ラー メン、山田参助、sei、Stag Beat、アーの人、メガネ、田中偉一郎、天歌布武 信長、特任教官、他
予 約 :https://bigakko.jp/event/2019/soundofgigmenta

◆ 書籍『美学校 1969-2019:自由と実験のアカデメイア』 発 売 日 : 2019 年 8 月 14 日予定
定 価 :本体 2700 円+税 書誌情報:美学校編、晶文社刊、A5 判並製、324 頁 内 容:
◉ 巻頭エッセイ(会田誠、菊地成孔、久住昌之)
◉ 美学校イントロダクション
◉ 美学校史
◉ オーラル・ヒストリー(藤川公三、岸野雄一、山野真悟、伊丹裕、能勢伊勢雄、島田美子、福住廉)
◉ 関係アーティスト寄稿(小倉ヒラク、DJ TECHNORCH、佐藤直樹、今井和雄、タムラマサミチ、中ザワ ヒデキ、小沢剛、根本敬、卯城竜太 (Chim↑Pom)、中村政人、愛☆まどんな、O JUN、原田裕規、遠藤一郎、南伸坊、 浅生ハルミン、都築潤、楠見清、ますこえり、松本正道、マジック・コバヤシ、生西康典、吉田アミ、齋藤恵太、 細馬宏通、山下裕二、小金沢智、千葉成夫、志賀信夫、福住治夫、藪前知子) ◉座談会(美術編:松蔭浩之、三田村光土里、田中偉一郎、松田修/音楽編:岸野雄一、横川理彦、大谷能 生/卒業生編:荒井真一、サエグサユキオ、久住卓也、ホシノマサハル、召田能里子)

RELATED

BANKSYの活動にフォーカスした書籍『バンクシー 壊れかけた世界に愛を』が刊行

日本でも近年一般的に知られるようになったBANKSYの謎めいた活動を、ロンドン在住の研究者・吉荒夕記が現地取材した『バンクシー 壊れかけた世界に愛を』が美術出版社より9/10(火)に刊行される。

カネコアヤノが初の詩集『わたしのまっしろときんいろ』を9月に発売

カネコアヤノが初の詩集『わたしのまっしろときんいろ』を、新作アルバム『燦々』の店着日の9/17(火)に発売する。

KAKATOとオオクボリュウによる絵本『まいにちたのしい』が今月発売

環ROYと鎮座DOPENESSによるラップグループKAKATOが文を、dodoとのコラボTシャツも話題のオオクボリュウが絵を手がけた絵本『まいにちたのしい』が8/22(木)にブロンズ新社から発売される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。