Local Worldと南蛮渡来によるスプリット・パーティにMachine GirlやL?K?O、Tasho Ishiなどが登場

WWWのレジデント・パーティLocal WorldとMars89とsuimim主宰の南蛮渡来のコラボレーションが、WWWとWWWβの2フロアを用いたスプリット・パーティ『外伝』として開催する。

今回のゲストには、TinyMixTapesやNoiseyでも賞賛され、オンラインでのファンベースを基盤にUSインディ・シーンより、現行のハードコア/レイヴ・リヴァイヴァルと共振しながら、熱狂的なパフォーマンスと作品で話題を呼ぶNYのデュオMachine Girlが登場。また、Murder Channel監修の「ブレイクコア・ガイドブック」のDOMMUNEでの特番にも出演したターンテーブリスト/実験DJの極北L?K?O、リョウコ2000として活動するnoripi (ex DJ Sakai Noriko)、脱構築の先鋭”点描トランス”で話題となったLorenzo Senni率いるミラノのPresto!?より待望のデビューを果たした奇才BRFことTasho Ishi、関西にて『Dark Jinja』を主宰し、上海のシーンとも共振しながら新しいエレクトロニック・ミュージックのエッジを尖らせるPHOTON POETRYがWWWのステージに登場する。

WWWβではジャングルやダブステップ等、レゲエを基にしたベース・ミュージックへの造詣が深く、また日本語ラップのシーンでも活躍してきたDJ/プロデューサーSKYFISH、新宿OPENにて開催される『JOY RIDE』も主宰するOG from Militant BとELMS、ハウスからレイヴ、UKベースへと傾倒するk_yam、そして南蛮渡来主宰のMars89とsuiminによるDJユニットGood Prophetsがラインナップされている。レイヴ・リヴァイヴァルから端を発した世代を跨ぐガバ、ブレイクコア、UKベース、エレクトロニック等が一夜の中でマッシュされ、モダンなハードコア・パンクのアティテュードを前面に打ち出した”オルト・コア”なクラブ・ナイトを是非体感して見てはいかがだろうか。

info

Local X4 World 南蛮渡来 - 外伝 -
2019/08/09 fri at WWW / WWWβ
OPEN / START 23:00
ADV ¥1,800@RA | DOOR ¥2,500 | U23 ¥1,500

WWW:

Machine Girl [NYC] - LIVE
L?K?O
noripi
Tasho Ishi [Presto!?] - LIVE
PHOTON POETRY - LIVE

WWWβ:

SKYFISH
OG from Militant B
ELM S
k_yam [N.O.S. / REMEDY]
Good Prophets (Mars89 & suimin)

Tarot: Awai

related

BRF a.k.a. Tasho Ishi、Tamanaramen、Speedy lee genesisによるショーケース『BTS』が下北沢SPREADで開催

BRF a.k.a. Tasho Ishi、Tamanaramen、Speedy lee genesisの3組によるショーケース『BTS』が下北沢SPREADにて開催される。

Tasho Ishiの東京凱旋パーティーに1-DRINK、okadada、Christophe Charlesなどが出演

Lorenzo Senni率いるPresto!?からのアルバム『Dentsu 2060』が話題となったTasho Ishiによるパーティー『L.O.L.』が、4/10(土)に開催される。

バンクーバーのデジタルフェスNFDに東京から参加したTasho IshiとAndry Adolpheによるパフォーマンスのアーカイブ映像が公開

毎年バンクーバーにて3日間に渡り開催されるデジタルアートと電子音楽のフェスNew Forms Festival。今年はパンデミックを受けNFD(New Forms Digital)と名前を変えオンラインで開催された同イベントから、Andry AdolpheによるDJセットとTasho Ishiによるライブセットの映像アーカイブが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。