BIMやThe fin.、ケンモチヒデフミなどが出演するイベント『CULPOOL』が9月に開催決定

2015年から恵比寿リキッドルームを拠点に「トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティ」と銘打ち開催されている『CULPOOL』が、9/20(金)に開催される。

今回もリキッドルームの1Fと2Fを使用したオールナイトイベントとなる同イベントは、「Talented」をテーマに開催、実力派アーティストが一堂に介す夜となる。1Fメインフロアでは初回のCULPOOLのメインアクトを務めたThe fin.が再出演。THE OTOGIBANASHI'S、CreativeDrugStoreのBIMもライブで登場する。

2F LOFTのフロアではYOSA & TAARや水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミがDJで出演。またカフェスペースではbonobosやLITTLE TEMPOのギタリストでも知られる、シンガーソングライターの小池龍平がライヴを披露する。今後さらなる追加出演者も発表予定となる。

チケットは各プレイガイドにて本日7/22(月)より発売開始、毎回好評なペアチケットに加えて、今回は枚数限定で3人の同時入場+3人分のドリンクが付いたトリプルチケットも販売。こちらは枚数限定となる。

Info

「CULPOOL -wave 05 Talented - 」

出演:⬛︎LIVE:Main Stage : The fin.、BIM  and more

                Cafe Stage : 小池龍平  and more

         ⬛︎DJ:ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)、YOSA & TAAR

日時:2019年9月20日(金曜日)開場/開演 23:30

会場:LIQUIDROOM/LIQUID LOFT/TimeOut Café & Diner

前売券(7月22日(月曜日)10:00発売):一般 : 3,500円(税込)

                                                           ペアチケット : 7,000円(税込・2ドリンク付き)

                                                           トリプルチケット : 10,000円(税込・3ドリンク付き)

前売券取扱箇所:チケットぴあ[Pコード 160-060]、ローソンチケット[Lコード 74813]、イープラス<https://eplus.jp/sf/word/0000097003

当日料金 : 4,000円

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。(You must be 20 and over with photo ID.)

※ペアチケット1枚で2名さま、トリプルチケットは3名様までご入場可能となります。トリプル、ペアチケットでのご入場は同時入場のみとなります。時間をおいて別々でのご入場は不可です。

-WEB-

http://culpool.tumblr.com

RELATED

The fin.と小袋成彬によるコラボ曲"COLD"が本日リリース

本日The fin.と小袋成彬によるコラボ曲"COLD"がリリースされた。

【ライヴレポート】STUTS、BIM、RYO-Z 『BLACK BALL NIGHT』|約3時間のマジックアワー

7月に配信リリースされたSTUTS、BIM、RYO-Zのコラボ曲 “マジックアワー”。STUTSがプロデュースし、BIM、RYO-ZがUCC BLACK無糖とアルコールを合わせたドリンク「ブラックボール」をテーマに制作した異色のサマーチューンの抽選限定リリースイベント『BLACK BALL NIGHT』が、9月18日に渋谷WWW Xで開催された。

京都 METROで開催される『PLAYGROUND』にBIM、VaVa、okadada、Kick a Showなどが登場

最前線で活躍するアーティストが一堂に会す『PLAYGROUND』が京都 METROで開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。