バドワイザーによるイベント『BUDXTOKYO』にMura Masa、石野卓球、Seihoなどが出演 | 無料チケットの応募受付もスタート

「BE A KING」をメッセージにバドワイザーが世界中で開催しているクロスカルチャーイベント『BUDX』の東京版、『BUDXTOKYO』が8/29(木)~8/31(土)に開催される。CROSS DOCK HALL HARUMIを舞台に開催される音楽イベントに出演するアーティスト第一弾が発表となった。

自身の作品やビートメイカーとしても活躍を続けるMura Masaが初日、石野卓球が3日目、SeihoとMijaが2日目に出演する。

今回は第一弾発表と同時に『BUDXTOKYO』入場チケット(無料)の一次応募受付もスタート。BUDXTOKYOイベント公式サイトからローソンチケットにて応募が可能だ。

Info

BUDXTOKYO イベント概要
イベント名:BUDXTOKYO(バドエックストウキョウ)
開催日:2019年8月29日(木)~8月31日(土)
開催場所:CROSS DOCK HALL HARUMI(東京都中央区晴海4-7-4)
チケット:入場無料(応募&抽選方式)
第一次応募申込 7月17日(水)13:00〜7月31日(水)23:59
第二次応募申込 8月1日(木)13:00〜8月25日(日)23:59
※詳しくはWEBサイトをご確認ください。

出演:
<NIGHT PROGRAM(MUSICパート)>
8月29日(木)MURA MASA and more
8月30日(金)MIJA/SEIHO and more
8月31日(土)石野卓球 and more

第二弾は7月下旬に発表予定

related

Tohjiの"Oreo"をMura Masaがリミックス

ヒップホップシーンを飛び越えた神出鬼没の活動で今年も話題となったTohjiの最新シングル"Oreo"を、同世代を代表するUKのプロデューサーMura Masaがリミックスした。

ビートメイカーのライブ配信番組『HOMEWORK PROGRAM』がWALL&WALLにて初のリアルイベントを開催 | Seiho、PARKGOLF、Quarta330などが出演

トラックメイカー、ビートメイカーのライブ配信番組『HOMEWORK PROGRAM』が、11/8(日) に表参道WALL&WALLにて初のリアルイベント&ライブ配信『HOMEWORK SESSION』を敢行する。

ストリートカルチャーマガジン『DAWN』がコロナ禍の特別号を発売 | Mars89、マヒトゥ・ザ・ピーポーなども登場し、Seihoや、佐久間裕美子、荏開津広も寄稿

インディペンデントのストリートカルチャーマガジンとして、昨年11月に発刊し即完売となった『DAWN』が『DAWN N°1.5 Survival Issue』を8/22(土)に発売する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。