Andre 3000が今度はフィラデルフィアでフルートを吹きながら歩くところを目撃される

以前、「一人の幸運なファンが、LAの空港でフルートを吹きながら歩き回るAndre 3000と遭遇した」というニュースが報じられた。それから一ヶ月が経った今も彼のフルート熱は冷めていないようで、今度はフィラデルフィアで同様の目撃証言が上がっている。

Complexによると、7月8日にDayna Allenという女性がLAからフィラデルフィアに向かう飛行機の中でAndre 3000に遭遇したという。彼女は「Andre 3000が同じ飛行機に乗ってた!彼は空港でフルートを吹きながら私に近づいてきたけど、本人じゃないと思ったの。でも今、彼が本物だって分かった」とツイートしており、Andreがまたしても空港でフルートを吹いていたことが分かる。

他にはRuss Jacksonという男性もフィラデルフィアの教会でAndreと遭遇したようで、彼は「トリップしてない。彼だ。本物の3 Stacksだよ。そして彼のフルートは最高だ」とツイートし、2ショット写真も投稿している。

同じ日に別のユーザーも「フルートを手に持ったAndre 3000を目撃した」とツイートしている他、Instagramに彼との2ショットを投稿した女性も存在する。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A musical genius, Andre 3000! 🎵🎶

Alessandra Mercedesさん(@ssandra_mercedes)がシェアした投稿 -

これまでの情報から、どうやらAndreはLAからフィラデルフィアに場所を移し、常にフルートを手にした状態で街中を歩きまわっていたようだ。前回に引き続き理解に苦しむ行動だが、目撃したファンはさぞかし嬉しかったことだろう。

Andre 3000のフルートはマヤ族の伝統的な民族楽器で、Guillermo Martinezという職人がハンドメイドで制作したものだということが明らかになっている。

中々珍しい楽器のようだが、今後は彼の音源にもフルートが活用されていくのかもしれない。

RELATED

Andre 3000が何故か空港でフルートを吹きながら歩き回っているところを発見される

OutKastのメンバーとしてサウスのヒップホップを確立し、現在の音楽にも大きな影響を与えたAndre 3000。偉大なアーティストでありながら同時に謎に包まれた部分も多い彼が、何故か空港でフルートを吹いているところを目撃された。

James Blakeの最新作『Assume Form』がリリース│Travis ScottやMetro Boominらが参加

2016年に発表された3rdアルバム『The Colour in Anything』以来3年ぶりとなるJames Blakeの最新作『Assume Form』が今日リリースされた。

Kendrick Lamarの『good kid, m.a.a.d. city』が5周年。あの曲にはAndre 3000へのオファーがされていた

今年の10/23で、Kendrick Lamarの『good kid, m.a.a.d. city』が5周年を迎える。リリースしたレーベルのTop Dawg Entertainment(TDE)の社長であるPunchが『good kid, m.a.a.d. city』に収録されている”Bitch Don't Kill My Vibe.”の裏話を明かした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。