YonYonによる日韓をつなぐプロジェクト『The Link』の第4弾でSamuel Seo、TENDREとのコラボ曲"Owl(解放)"をリリース

DJやプロデューサーとして活躍するYonYonが、日韓のプロデューサーとシンガーを楽曲制作という形でつなぎ、両国で楽曲を配信・プロモーションしていく音楽プロジェクト『The Link』。

第4弾となる楽曲"Owl(解放)"では、幼少期を日本で過ごした後、カナダへ移住し、現在は韓国で実力派アーティストとして活動するSamuel Seo(サミュエル・セオ)がYonYonと共に作詞作曲ボーカルで参加。そして、TENDRE(テンダー)ことマルチプレイヤーの河原太朗がトラックメイキングを全面的にプロデュースしている。

Samuel Seo
TENDRE

TENDREが得意とするブラックミュージックをベースにしたサウンドと起伏あるオリジナリティー溢れる構成のトラックを、Samuel SeoとYonYonが表現力豊かなボーカルとメロディーセンスで巧みに乗りこなしている。また、レコーディング及びミックスはRed Bull Studios Tokyoで行われ、徹底的にサウンドクオリティーにこだわりを持った本楽曲。

サブタイトルの「解放」には、隣人を愛する為に、まずはコンプレックスから自分を解放し、ありのままの自分自身を受け入れることから始めようというメッセージが込められている。

9/5(木)には渋谷WWWで「The Link –「Owl(解放)」Release Party- 」を開催。なんと、TENDRE、Samuel Seoがバンドセットで出演、YonYonもDJでパフォーマンスを行う。本公演は"Owl(解放)"の配信日である7/3(水)正午12:00からオフィシャル先行が開始となる。

Info

タイトル:「Owl(解放)」
アーティスト:YonYon × Samuel Seo
Produced by TENDRE
Composed by YonYon ×Samuel Seo, TENDRE
Lyrics by YonYon, Samuel Seo

Label Director:雨宮 聖明(ZULA Records)
配信日:2019年7月3日(水)

The Link – 「Owl(解放)」Release Party - 

日程: 2019年9月5日(木)

会場: 渋谷WWW

時間: OPEN DJ START 18:00 / LIVE START 19:00

オフィシャル先行(抽選): 7/3(水)正午12:00 ~ 7/15(月・祝)23:59

チケット一般販売: 8/10(土)正午12:00

公演ページ https://www.creativeman.co.jp/event/thelink19

主催: CREATIVEMAN PRODUCTIONS

問合せ: CREATIVEMAN PRODUCTIONS:  03-3499-6669

 

related

オンラインフリマプロジェクト「GOOD VIBES SHARING」が衆議院選挙直前企画「HOPE」を始動 | SIRUP、TENDRE、松田“CHABE”岳二、柴田ひかり、TA-1、nutsmanなどが「HOPE」をテーマにしたアイテムを販売

スペースシャワーがトライアル展開中のオンラインフリマプロジェクト「GOOD VIBES SHARING」が、衆議院議員総選挙直前企画「HOPE」を始動させた。

Shin SakiuraがTENDREをフィーチャリングした新曲“WAVE”をリリース

Shin Sakiuraが新曲“WAVE feat. TENDRE”を10月27日(水)にリリースする。

MR.OLIVE × TENDRE × AZUSA IIDAのトリプルコラボTシャツが期間限定で発売

MR.OLIVE × TENDRE × AZUSA IIDAのトリプルコラボTシャツが、9月25日(土)〜10月3日(日)までの9日間、MR.OLIVE ONLINE STORE限定で発売される。 ミュージシャンのTENDREとイラストレーターAZUSA IIDAは、公私共に親交の深...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。