全曲Dorianがプロデュースした一十三十一のアルバム『Ecstasy』がアナログ化

Dorianがすべての作曲/プロデュースを担当した一十三十一の2017年リリースのアルバム『Ecstasy』が、2LP仕様でアナログ化されることになった。

ミッドテンポのグルーヴが心地良い"Let It Out"は、高城晶平(cero)が詞を提供した極上のアーバン・ソウル・ナンバーで、Dorianによるクリスタルなシンセ・サウンドと一十三十一の甘いヴォーカルが溶け合ったアルバムのハイライト。高橋一(思い出野郎Aチーム)がトランペットで参加した"Swept Away"は、バックビートに揺れるユーミン・マナーのミディアム・スロー・ナンバー。エレクトリック・スティールパンの音色が楽園へと誘う、トロピカルな一曲です。その他、跳ねるディスコ・ビートにストリングスが絡む、サルソウル的ダンス・ナンバー"Serpent Coaster"など全10曲を収録している。

デザインは『CITY DIVE』以降の世界観をイメージ面から支えるアート・ディレクター弓削匠が担当。

Info

一十三十一『Ecstasy』 (2LP)
発売日: 2019年8月28日(水)予定
価格: 4,000円+税
レーベル:Billboard / JET SET
品番: HBRV1011
形態: 2LP
収録曲:
Side A
1. Ecstasy
2. Serpent Coaster
3. Flash of Light

Side B
1. Discotheque Sputnik
2. Let It Out

Side C
1. Moonlight
2. Blue, Midnight Blue
3. Galanterie

Side D
1. Swept Away
2. Varadero via L.A.

■JET SET Online Shopにて予約受付中

https://www.jetsetrecords.net/i/814005633089/

related

フード&カルチャーイベント『GOOD VIBES NEIGHBORS』の第5回が開催決定|一十三十一、tofubeats、CYK、オカモトレイジらが出演

下北沢ケージで開催されるフード&カルチャーイベント『GOOD VIBES NEIGHBORS』第5回の開催が決定した。

YonYonによる日韓をつなぐコラボプロジェクト第3弾は一十三十一、MOON YIRANGを迎えた"Overflow(変身)"

YonYonによる日本と韓国を繋ぐ新たなプロジェクト『TheLink』の第3弾として、一十三十一と、旧名義GRAYEから名義を変更した韓国のベテランプロデューサーMOON YIRANG(ムンイラン)が参加した"Overflow(変身)"が昨日リリースされた。

ExT Recordingsと和ラダイスガラージによるスペシャルパーティーに一十三十一、砂原良徳、DÉ DÉ MOUSE、CHERRYBOY FUNCTIONなどが出演

昨年に設立10周年を迎えたテクノ・エレクトロレーベルExT Recordingsと、昨今の和モノDJブームの最前線パーティー和ラダイスガラージによるスペシャルパーティー『Sound Inn ”EX”』が12/15に東京・代官山UNITで開催される。 ライブアクトに活動15周年を迎える一十三十一...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。