BESとISSUGIによるコラボ作『VIRIDIAN SHOOT』がボーナストラックも収録しアナログ化

BESとISSUGIというシーン有数の実力者が、昨年リリースしたコラボ作『VIRIDIAN
SHOOT』が完全限定プレスの2枚組アナログ盤でリリースされることになった。

同作にはNYのプロデューサー、GWOP SULLIVANを中心に、BESにとっては初となるBUDAMUNKやDJ SCRATCH NICE、さらにはGRADIS NICEや16FLIPとのジョイントも収録し、フィーチャリングにはMr.PUG(MONJU)、仙人掌(MONJU)、MICHINOが参加した。

またアナログ盤のみのボーナス・トラックとしてRed Bullの企画で制作され、正式なリリースの待たれていた16FLIPのプロデュースによる"PLAYGROUND2018"(D-4)も収録となった。

Info

アーティスト: BES & ISSUGI (ベス&イスギ)
タイトル: VIRIDIAN SHOOT(ヴィリジアン・シュート)
レーベル: P-VINE / Dogear Records
品番: PLP-6940/1
フォーマット: 2LP
ジャンル: JAPANESE HIPHOP
税抜販売価格: 3800円
発売日: 2019年7月24日(水)

≪収録内容≫
*Side A
1 ALBUM INTRO
Prod by 16FLIP
2 SPECIAL DELIVERY
Prod by GWOP SULLIVAN
3 NO PAIN MO GAIN
Prod by GWOP SULLIVAN
4 GOING OUT 4 CASH
Prod by GWOP SULLIVAN
*Side B
1 NEW SCHOOL KILLAH
Prod by 16FLIP
2 247
Prod by BUDAMUNK
3 RULES
Prod by GWOP SULLIVAN
*Side C
1 BIL pt3 feat. MICHINO
Prod by GWOP SULLIVAN
2 EYES LOW
Prod by 16FLIP
3 HIGHEST feat. MR.PUG, 仙人掌
Prod by GWOP SULLIVAN
4 VIRIDIAN SHOOT
Prod by GWOP SULLIVAN
*Side D
1 SHEEPS
Prod by DJ SCRATCH NICE & GRADIS NICE
2 BOOM BAP
Prod by DJ SCRATCH NICE
3 WE SHINE
Prod by GRADIS NICE
4 PLAYGROUND 2018
Prod by 16FLIP

RELATED

Shinobi, Epic & BudaMunkのコラボ作からISSUGIを迎えた"Mystic Arts"のミュージックビデオ

横須賀を中心に活動してきたShinobi & Epicの兄弟とBudaMunkによるコラボ作『Gates To The East』から、ISSUGIを迎えた"Mystic Arts"のミュージックビデオが公開となった。

ISSUGI、仙人掌、ILLSUGIらが出演するパーティ『SUPER PLUME × PROPS』がContactで開催

渋谷Contactにて開催されているヒップホップラウンジ空間Super Plume。ヒップホップを基軸にしながらも様々なバックグラウンドを持つアーティストが出演してきたこのパーティに大阪のヒップホップパーティPROPSを迎えたイベント『SUPER PLUME × PROPS』が3月20日(水・祝前日)に開催される。

CRAMのアルバム『The Lord』からBES、ISSUGI、KOJOEをフィーチャーした"The Lord"のミュージックビデオ

Dogear Recordsから昨年リリースされたCRAMのアルバム『The Lord』からBES、ISSUGI、KOJOEをフィーチャーした"The Lord"のミュージックビデオが公開された。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。