03 Greedoがグッズを無許可で売っているファンに対し自身へのサポートを求める

2016年に逮捕され、20年の服役刑を宣告されている出身のラッパー03 Greedo。未だ収監が保留されているという状況にある彼が、ファンに援助を呼びかけている。

Complexによると、日曜日にInstagramを更新した03 Greedoは「多くの人が俺の名前やページ、ロゴ、画像を使って彼ら自身を宣伝していて、お金を払っていない。俺のTシャツやDrummer Gangの服は多く作られているが、それらは一つも俺に金が入らない。俺のことが好きなのには感謝するが、俺を使って金を稼ぎ、俺の本や家族に金を使わず状況を上手く利用することはやめてくれ」として、自身に利益が入るような正規の方法でサポートを行って欲しいという声明を発表したという。

03 Greedoによれば多くのファンが無許可で自身のロゴや写真を使用したTシャツ等を販売し、また無許可でサンプリングを行ったビートを使用するなどしているという。上の投稿で彼は、それらのブートレグで利益を得たファンたちにJPayやcashappなどのサービスを用いて自身にお金を払い、保釈金を支払うための資金を援助して欲しいと呼びかけた。キャプションには「JPayをダウンロードして、アカウントを作ってくれ。俺の情報を入れろ。妻にはDMするな」と綴られている。

ラッパーたちはその特徴が強い故にフリー素材のような扱いを受けることも多いが、自身も切羽詰まった状況に置かれている中であまりに多くのブートが出回っていることに03 Greedoも疑問を抱いたのだろう。今後も彼が無事に音楽活動を続けてゆくためにも、ファンはオンラインで彼にサポートを行ってみてはいかがだろうか?

related

【特集】ラップとゲームを巡る14の出来事

人気ゲーム『フォートナイト』上で開催され、全世界から1000万人以上のアクセスを集めたTravis Scottによるライブイベント『Astronomical』。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。