KANDYTOWNのBSCがソロデビューアルバム『JAPINO』をリリース

KANDYTOWNのメンバーで、前身である故YUSHI、IO、Ryohu、DONY JOINT、DJ MASATOなどとのクルーBANKROLLの一員でもあるBIG SANTA CLASSIC a.k.a. BSCが、ソロデビューアルバム『JAPINO』を7/24(水)にリリースする。

BSCはKANDYTOWNのメジャー・デビュー・アルバム『KANDYTOWN』(2016年)ではリード曲である“R.T.N”や“Scent Of A Woman”、“Rainy Night”といった人気の高い楽曲に参加し、最新のデジタルEP『LOCAL SERVICE』でもリード曲“Till I
Die”で印象に強く残るラップを披露していた。

初のソロ作にはKANDYTOWNからIOやRyohu、MUD、KIKUMARU、Holly Q、Neetzが参加し、故YUSHIとの幻のコラボ曲も収録。YELLADIGOSからPEAVISとRIOが客演で、KANDYTOWNの最新EP『LOCAL SERVICE』でのビートメイクも話題となったK.E.M、唾奇作品でお馴染みなHOKUTO、SUNNOVAとのコラボ作のリリースも話題の18 SCOTTらがプロデューサーとして参加している。

Info

アーティスト: BSC (ビーエスシー)
タイトル: JAPINO (ジャピーノ)
レーベル: KANDYTOWN LIFE / P-VINE
品番: PCD-25279
発売日: 2019年7月24日(水)
税抜販売価格: 2.500円

related

KANDYTOWNのラッパーBSCがビートメイカーpj47とのジョイントEP『Dejave』をリリース

KANDYTOWN所属のラッパーBSCがビートメイカーpj47とタッグを組んだジョイントEP『Dejave』を12月1日(水)にリリースする。

NF ZesshoやAru-2、SEEDA、BSC、Fitz Ambro$eなどが出演するイベントがclubasiaで開催

Hip Hopを中心に、DUBSTEPやHouseを織り交ぜたジャンルレスなパーティー『JUNXION 15』が渋谷clubasiaで開催される。

BSCのアルバム『JAPINO』の収録曲“ShortCake”にDONY JOINT、MASATOが参加したリミックスがリリース

KANDYTOWNとしてのセカンド・アルバム『ADVISORY』のリリースを来週10/23(水)に控えているBSC。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。