Koji Nakamuraのニューアルバム『Epitaph』からRyugo IshidaとNENEが参加した"Wonder"がラジオで初解禁

ナカコーことKoji Nakamuraが6/26(水)にリリースするニューアルバム『Epitaph』から、ゆるふわギャングのRyugo Ishida & NENEが参加した"Wonder"が、本日放送の)J-WAVEの番組『SONAR MUSIC』で初オンエアされる。

番組は本日21時から24時までの放送となる。『Epitaph』にはゆるふわギャングの2人の他に、プロデューサーに若きサウンドクリエーターKazumichi Komatsu (madegg)を迎え、作詞にシンガーソングライターのArita shoheiを起用。前作でも作詞で参加したアーティストACO、ビートメイカーやラッパー、映像作家として活動しているabelestといった面々が参加している。

Info

J-WAVE「SONAR MUSIC」公式HP:https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

CDの予約はこちら:https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&ima=5648&cd=KSCL000003149

[CD概要]
Koji Nakamura Album「Epitaph」
2019年6月26日発売 KSCL-3149 ¥2,600+tax
1.Emo(3:29) Lyrics by Arita shohei Music by Koii Nakamura
2.Lotus(2:53) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
3.Wonder feat. Ryugo Ishida & NENE(3:06) Lyrics by Ryugo Ishida & NENE / Arita shohei Music by Koji Nakamura
4.Reaction Curve #2(4:25) Lyrics by ACO Music by Koji Nakamura
5.Open Your Eyes(3:30) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
6.Influence(2:38) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
7.Hood(4:41) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
8.Sense(3:44) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
9.Being(2:33) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
10.1977(3:54) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
11.Night(3:39) Lyrics by Arita shohei Music by Koji Nakamura
12.No Face feat. abelest(6:05) Lyrics by abelest Music by Koji Nakamura
(Total time 44:30)
※Produce, programming & editing by Kazumichi Komatsu (madegg)
http://kojinakamura.jp/

related

ゆるふわギャングが新作『GAMA』のリリースレイヴを開催

ゆるふわギャングが7/27(水)~7/28(木)にアルバム『GAMA』のリリースレイヴを開催すると発表した。

ゆるふわギャングがニューアルバム『GAMA』をリリース | 鎮座DOPENESSも参加

ゆるふわギャングが4年ぶりのニューアルバム『GAMA』を本日6/15(水)にリリースした。

ゆるふわギャングが4年ぶりのアルバム『GAMA』を来週リリース

ゆるふわギャングが約4年ぶりとなるアルバム『GAMA』を6/15(水)にリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。