【特集】Campanella、WONK・長塚健斗、Chaki Zulu & Awichが選ぶ『EGO-WRAPPIN'の名曲選』

20年以上に渡り日本の音楽シーンの第一線で活動を続けるバンドEGO-WRAPPIN'。そんな彼らの9作目となるニューアルバム『Dream Baby Dream』が、先日5月22日にリリースされた。それを記念し、FNMNLではEGO-WRAPPIN'から大きな影響を受け親交も深いアーティストであるCampanellaとWONKのボーカル長塚健斗、そしてEGO-WRAPPIN'をオフィシャルでサンプリングしたトラック“紙飛行機”をリリースしたAwich & Chaki Zuluに、それぞれが好きなEGO-WRAPPIN'の楽曲を5曲ずつ紹介してもらった。

Campanellaが選ぶ5曲

1. 水中の光

コメント

素晴らしい歌詞。優しい歌

2. サニーサイドメロディー

コメント

名古屋のクアトロ開演前に遊びに行ったら、森さんの一声で急にこの曲でラップをする事に。今でもこの曲を聞くとその時の嬉しさと緊張が込み上げてきます笑

3. かつて..。

コメント

最高。"Pelnod feat 中納良恵"の7inchの片面の曲"Palosant"でサンプリングさせてもらいました。自分達にとっても大事な曲になりました。

4. あしながのサルヴァドール

コメント

友達から教えてもらいました。旅したくなったり、コーヒー飲みたくなったり、たばこに火をつけてみたり、なぜか一人で格好つけたくなる曲。

5. 色彩のブルース

コメント

この曲でエゴラッピンを知りました。母ちゃんがめちゃくちゃ聞いてた。

Campanella


Rapper(MdM)
1987年愛知県生まれ。 音楽と言葉を変幻自在に操るRapper。
2011年、RCSLUM RECORDINGSのV.A.『the method』 に参加。
その後、C.O.S.A.とのユニットであるコサパネルラ名義の作品、 フリーミックステープ、
CAMPANELLA&TOSHI MAMUSHI名義の作品などを立て続けにリリース。
2014年、ファースト・アルバム『vivid』をリリースし脚光を浴びる。
2016年、セカンド・アルバム『PEASTA』をリリース。
2017年、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)とのコラボレーション楽曲『PELNOD』をシングルカット。
現在、数多くのアーティストの楽曲に客演として参加、全国各地でライブを活発に行っている。

WONK長塚健斗が選ぶ5曲

1. 色彩のブルース

コメント

egoを知ったきっかけになった曲。ハマりすぎて一時期ずっと聴いてました。中納さんの歌声が素晴らしすぎる。

2. くちばしにチェリー

コメント

色彩のブルースと並んで僕の中でegoといえば、な印象の曲。ライブでお客さんが異常なほど熱狂してる様子が忘れられない。

3. サイコアナルシス

コメント

くちばしにチェリーもそうですが、アップテンポなナンバーの圧倒的な力強さがかっこいい。そして歌いこなせるのが本当にすごい。

4. a love song

コメント

真っ直ぐな歌詞と優しい雰囲気が心地よくて何度でも聴ける。チルなミドルテンポに身体が自然と揺れてしまう。

5. Neon sign stomp

コメント

くせになるメロディがずるい。そして歌詞が渋い。夜のネオン街のドラマチックな様子がありありと浮かんでくる。

長塚健斗


東京を拠点に活動する4人組バンド「WONK」のボーカリスト。
メンバーそれぞれがソウル、ジャズ、ヒップホップ、ロックのフィールドで活動するプレイヤー/プロデューサー/エンジニアという異色なバンド。2016年に1stアルバムを発売して以来、国内有数の音楽フェス出演や海外公演成功を果たす。ジャンルや世代を超えた国内外のビッグアーティストへ楽曲提供・リミックス・演奏参加するなど、その音楽性の高さは多方面から支持されている。

Chaki Zuluが選ぶ4曲 & Awichが選ぶ1曲

1. Nervous Break Down

コメント

千葉でのBBQ帰りに海ほたるでラジオから「色彩のブルース」が流れてきました。
みんなに”この曲やばいからアーティスト名覚えて!そのまま渋谷のタワレコ行くから!”ととっさに口走った事を今でも鮮明に覚えています。その足で手に入れた「色彩のブルース」のEPの一曲目にこの曲が収録されおり、どう形容して良いのかわかりませんが、”こんな事があっていいの?”といった衝撃が走りました。
僕のエゴとの出会いはこうやって始まりました。
もちろん今聴き直しても変わりません。

2. on this bridge

コメント

やっぱこの人らすげえ。頭っから乗ってるノイズ。
ローファイな打ち込みとホームレコーディングのような声鳴り。
この組み合わせだとこぢんまりした曲になってもおかしくないのに楽曲自体がドラマティックで絶妙なスケールの大きさを奏でています。
狭いのか広いのかわからないとても不思議な感触。
まるで映画の世界に引き込まれたよう。

3. GO ACTION

コメント

この”ちんどん屋”的サウンドで二人の右に出るバンドは世界中探してもいないんじゃないかな。
ラスティックでもなくスカでもないし、ジャズでもブルースでもない”ちんどん屋”。
”ぶぱぱぶぱぱっ”ってキメなんてもうコテコテ関西ヴァイブス全開で超大好きです。

4. 女根の月

コメント

ねえねえ”ポカリ情炎”って何??どこにあるの”モランディーグレーの岩肌”っ!?
とにかく聞いたこともない言葉の渦がシュビドゥバされてどっかに持ってかれちゃいます。
あとビブラフォンと控えめなフルートが超ムーディー。
深夜にテレビで放送してそうなよくわからない60~70's洋画のロマンスを感じます。
キメでEm Amのちゃららららら~ってのがめちゃかっこいいんです。

from Awich

色彩のブルース

コメント

リリックの情景描写がすごい好きです。クレイジーで簡単に理解できないけど、キューンとする感じがめちゃWavy。サンプリングさせていただいた時も、そのフィーリングを目指してました。

Chaki Zulu

YENTOWN所属プロデューサー、Husky Studioオーナー。

Awich

YENTOWNに所属するラッパー/シンガー。2017年にアルバム『8』、昨年EP『Beat』と『Heart』を同時リリース。今年は唾奇とのジョイントツアーを行う。

INFO

Dream Baby Dream

01. Arab no Yuki TV アニメ「歌舞伎町シャーロック」オープニングテーマ
02. CAPTURE
03. oh boy, oh girl
04. L'amant
05. timeless tree
06. on this bridge
07. Shine Shine
08. human beat
09. 衛星ハロー
10. 心象風景 テレビ東京系ドラマ24「フルーツ宅配便」オープニングテーマ
11. 裸足の果実

all lyrics by Yoshie Nakano
all music by Masaki Mori / Yoshie Nakano
produced by EGO-WRAPPIN’

通常盤:TFCC-86658 ¥3,000+ 税


12inch アナログ(LP):TFJC-38036 ¥3,000+ 税

初回ラッピン(初回完全限定盤):¥10,000+税 ●「Dream Baby Dream」Album CD
●「HALL LOTTA LOVE ~ホールに溢れる愛を~ 」 Live DVD
2018.4.7 / 2019.4.7@中野サンプラザホール
[2018]
01. finger
02. a love song
03. Shine Shine
04. 10万年後の君へ
05. 衛星ハロー
06. KIND OF YOU
07. Sundance
08. Dog Smokie
09. サイコアナルシス
10. SORA NO LION
[2019]
11. ウィスキーとラムネ 12. アマイカゲ
13. CAPTURE
14. くちばしにチェリー

●写真家 野村佐紀子 オリジナル Photo T-shirt
ジャケットのアートワークと連動したデザイン。着る度に風合いが増す、 特別な古着加工が施されたアイテム。あなたのヘビロテ T-shirt になること間違い無し!

●豪華プレミアム BOX
目を凝らして見るとそこには...

●Dream Baby Dream オリジナルアイテム
届いてからのお楽しみ! Dream Baby Dream な眠りへ誘うアイテム

Dream Baby Dream リリースツアー

07/03(水)横浜・yokohama bay hall
07/09(火)浜松・窓枠
07/19(金)大阪・なんばHatch
07/23(火)青森・Quarter
07/24(水)盛岡・Club Change WAVE
08/02(金)広島・クラブクアトロ
08/03(土)鹿児島・CAPARVO HALL
08/24(土)福岡・DRUM LOGOS
08/25(日)熊本・B.9 V1
09/02(月)名古屋・ダイアモンドホール
09/05(木)新潟・LOTS
10/04(金)金沢・EIGHT HALL
10/07(月)札幌・PENNY LANE 24
10/09(水)仙台・Rensa
10/13(日)高松・MONSTER
11/14(木)東京・LINE CUBE SHIBUYA (渋谷公会堂)
11/22(金)東京・昭和女子大学 人見記念講堂

『Dream Baby Dream』特設サイト
https://ego-dreambabydream.com/

RELATED

【ライヴレポート】Awich×唾奇 | 嵐を呼ぶパフォーマンスで日本全土を圧倒

Awichと唾奇のジョイントツアー「Awich×唾奇 Supported by Reebok CLASSIC」の東京公演が、6月29日に東京・LIQUIDROOMで開催された。名古屋、大阪での公演を終えた二人は地元・沖縄で行われるファイナルを前に、この東京公演にのぞんだ。会場は超満員。性別や年齢を問わずさまざまな人たちが集まっていた。

韓国ヒップホップシーンのオルタナティヴを掲示するXXXの来日公演が開催 | CampanellaやDos Monosも出演

ラッパーのKim XimyaとプロデューサーのFRNKによる韓国のヒップホップデュオで、ジャンルを横断する予測不可能なビートとテクニカルでシニカルなラップで異彩を放つXXXの緊急来日公演が決定した。 東京・渋谷のWWW Xで7/14(日)の深夜に開催されるこの来日公演には、XXXの他にも研ぎ澄...

Awichと唾奇のツアーファイナルの沖縄公演にKEIJU、kZm、BIMがゲスト出演

沖縄を拠点とするAwichと唾奇の両者によるコラボツアーのファイナルとなる沖縄公演は6/30(日)に開催される。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。