Rihannaがインタビューで「今誰と付き合ってるの?」と聞かれ「ググれ」と答える

今週月曜日に公開された、Insterview MagazineによるRihannaのインタビュー。ヒョウ柄の全身タイツなどをスタイリッシュに着こなしたスタイルもさることながら、インタビュアーに対する豪快な回答が話題となっている。

Rihannaのインタビューは「今どんな仕事をしているか」「いつ寝ているのか」といった雑談から始まり、やがてRihannaから「クソみたいな質問をしてよ。なんでも聞いていいよ」というリクエストがあったためインタビュアーが「今誰と付き合ってるの?」と質問。するとRihannaは一言「ググれ」と答え、セレブ然とした豪快な態度を見せている。ちなみに「恋してるの?」という質問には「もちろん」と答え、「結婚の予定は?」と聞かれた彼女は黙り込んでしまったようだ。

さらに「Rihannaの新しいアルバムを待ってる。どれくらい待てば良い?」と、「レゲエアルバムになる」とのアナウンスがありながら長らく続報が無い次回作についての質問には、「すぐに出せないことが悔しい。本当に楽しいものを作ってるの。沢山の素材があって幸せなんだけど、完璧なものになるまで出せない」として、「いつ出せるかは私が知りたい。来月またスタジオに戻るよ」と語っている。

Rihannaらしさが存分にあふれたInterview Magazineによるインタビューはこちらから読むことが出来る。

related

投票を呼びかけるRihannaが「選挙では何も変わらない」との声について「その言葉はもう聞き飽きた」と語る

ジョージ・フロイドさんが警察によって殺害された事件をきっかけに全米で人種差別に対する抗議運動が起こっているここ数日。そんな中今週発生したムーブメント#BlackOutTuesdayの際に選挙での投票を呼びかけたRihannaが、「投票では意味が無い」との声に対して持論を語っている。

Rihannaが新型コロナウイルスの影響下にあるDV被害者への2億円以上の支援を発表

新型コロナウイルスことCOVID-19の感染拡大防止のため自宅待機が世界規模で行われているここ最近。一方で自宅待機がドメスティックバイオレンスの被害者にとって加害者から離れられない状況を招き被害を大きくする懸念が指摘されている。そんな中、Rihannaがカリフォルニア州のDV被害者への支援を行うことを発表した。

RihannaとJay-Zが新型コロナウイルス被害の救援のため200万ドルを寄付

世界的に猛威を振るい、各国でロックダウンが行われるなど深刻な被害を出している新型コロナウイルス。経済的な意味でも打撃を与えている中、Jay-ZとRihannaが救援のために寄付を申し出たことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。