Rihannaがインタビューで「今誰と付き合ってるの?」と聞かれ「ググれ」と答える

今週月曜日に公開された、Insterview MagazineによるRihannaのインタビュー。ヒョウ柄の全身タイツなどをスタイリッシュに着こなしたスタイルもさることながら、インタビュアーに対する豪快な回答が話題となっている。

Rihannaのインタビューは「今どんな仕事をしているか」「いつ寝ているのか」といった雑談から始まり、やがてRihannaから「クソみたいな質問をしてよ。なんでも聞いていいよ」というリクエストがあったためインタビュアーが「今誰と付き合ってるの?」と質問。するとRihannaは一言「ググれ」と答え、セレブ然とした豪快な態度を見せている。ちなみに「恋してるの?」という質問には「もちろん」と答え、「結婚の予定は?」と聞かれた彼女は黙り込んでしまったようだ。

さらに「Rihannaの新しいアルバムを待ってる。どれくらい待てば良い?」と、「レゲエアルバムになる」とのアナウンスがありながら長らく続報が無い次回作についての質問には、「すぐに出せないことが悔しい。本当に楽しいものを作ってるの。沢山の素材があって幸せなんだけど、完璧なものになるまで出せない」として、「いつ出せるかは私が知りたい。来月またスタジオに戻るよ」と語っている。

Rihannaらしさが存分にあふれたInterview Magazineによるインタビューはこちらから読むことが出来る。

RELATED

Rihannaが史上最も稼いだ女性アーティストになったことが明らかに

最近ではアラバマ州の妊娠中絶禁止法に抗議し、また自身のブランドFenty Beautyのショップで警備員に万引きを疑われたSZAにギフトカードをプレゼントしたことでも話題となったRihanna。そんな彼女が今回、史上最も稼いだ女性アーティストになったことが明らかになった。

Rihannaが自身のブランドFenty Beautyの万引きを疑われたSZAにギフトカードをプレゼント

先日トップシンガーのSZAが、化粧品や香水の専門店セフォラで買い物をしていたところ、ショップスタッフがセキュリティーを呼び彼女が万引きをしていないかどうか確認するという一件があった。

アラバマ州で成立した妊娠中絶法にRihannaやLady Gagaらが抗議

今週水曜日、アメリカのアラバマ州で妊娠中絶を全面的に禁止する法案が可決された。「人命保護法」と命名されたこの法案は「全米で最も厳しい中絶禁止法」とされ、手術を行った医師は最大99年の禁固刑に処され、更にレイプや近親相姦などによる望まない妊娠でさえも中絶が認められないという法律である。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。