『SOUNDS GOOD』が有名企業のASMR音源をサンプリング用に全アーティストに向けて無料配信

株式会社QUANTUMと株式会社オトバンクが共同で設立したブランデッドオーディオレーベル『SOUNDS GOOD』が5月30日より楽曲制作をする全アーティストに対し、レーベル、参加企業のASMR音源をサンプリング用の素材として無料配信することが決定した。この音源はJR東日本が提供する山手線大塚駅周辺の街の個性を表す音、東京ガスの工業用バーナーの燃焼音などがある。

『SOUNDS GOOD』は、企業やブランドがもつこれまで活用されてこなかった“固有な音”をブランディングのアセットと捉え、音声コンテンツとして展開することで企業とリスナー、若手アーティストとの関係性を生み出していくことを目指しているという。

また今回のASMR音源の全アーティストへの無料配信は、このビジョンを体現するための取り組みのひとつ。アーティストにより多くのリスナーと出会うきっかけやチャレンジできるフィールドを、『SOUNDS GOOD』を通して参加企業が多くの新たなユーザーと繋がる機会を提供する。

また今回の取り組みに合わせて、アーティストとしてYOSA、Dos Monosの荘子it、Utaeが 『SOUNDS GOOD』に参加。各アーティストによるレーベル参加企業のASMR音源をサンプリングしたコラボレーション楽曲も本日公開されている。

<レーベル概要>
レーベル名:SOUNDS GOOD
WEBサイト:https://soundsgoodlabel.com/

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。