RIRI、KEIJU、小袋成彬による"Summertime"を台湾で活躍するシンガーのJulia Wuがカバー

先週新作『Summertime EP』をリリースし、週末には『GREEN ROOM FESTIVAL’19』に出演しライブを見れないお客さんが長蛇の列を作るほどの入場規制が起こったRIRI。

© GREENROOM FESTIVAL’19

そして本日EPのタイトル曲でKEIJU、小袋成彬とのコラボ曲"Summertime"を台湾で活躍中の若手実力派シンガー・Julia Wu(ジュリア・ウー)がカバーすることが発表された。中国系オーストラリア人シンガーのJulia Wuは、オーディション番組『X-FACTOR』での出演が脚光を浴び、台湾の音楽配信サービスを手掛けるKKBOXが擁するレーベルKKFARMよりデビューを果たした新世代アーティスト。これまでも向井太一とのコラボ曲"FLY"、"Rendezvous"などもリリースしており、日本人アーティストとのコラボは2組目となる。

"Summertime"が使用されている資生堂「アネッサ」のCMが、台湾を含めアジア圏で多くオンエアされており、人気ということもあり、今回はこのCMを通して、日本×台湾のコラボが決定した。

本日5/27(月)Julia WuバージョンのMVのティザー映像が公開された。撮影は台北郊外の宜蘭にあるビーチ、アートパーク、夜市で行われ、Juliaとその友人達の休暇を切り取った映像になっている。

Info

 

配信限定シングル

『Summertime (Julia Wu Mix)』

Julia Wu

6月26日(水)に主要サブスクリプションサービス含め配信リリース

<RIRIリリース情報>

■商品情報

RIRI「Summertime EP」

発売中

¥1,700(tax in) / AICL-3629

https://smar.lnk.to/KS7kj

1. Summertime / RIRI, KEIJU, 小袋成彬

2. Better Days

3. luv luv feat. Junoflo

4. HONEY (BUNNY Remix)

5. Dilemma (Produced by DJ CHARI & DJ TATSUKI) /JP THE WAVY & RIRI

RIRI, KEIJU, 小袋成彬「Summertime」(資生堂「アネッサ」CMソング2019)

配信中

http://smar.lnk.to/3BOr4

RELATED

RIRI、KEIJU、小袋成彬のコラボ曲"Summertime"とJOURNAL STANDARDがコラボレーション

RIRI、KEIJU、小袋成彬によるコラボ曲"Summertime"。様々なリミックスなどが展開されているこの楽曲だが、今回新たにJOURNAL STANDARDとのコラボレーションが決定した。 [caption id="attachment_79804" align="alignnone" ...

"Summertime"のKANDYTOWNのMIKIとMELRAWによるリミックスが配信決定

資生堂「アネッサ」CMソングで話題のRIRI、KEIJU、小袋成彬のコラボ楽曲 “Summertime”の、KANDYTOWNのMIKIとマルチインストゥルメンタリスト安藤康平のソロプロジェクトMELRAWによる共同リミックスが8月30日(金)に配信される。

RIRI、KEIJU、小袋成彬の"Summertime"のNeetzによるリミックスが本日リリース

台湾を拠点とするアーティストJulia Wuによるカバーも話題となっている、RIRI、KEIJU、小袋成彬のコラボ曲"Summertime"に、新たな展開が。今度はKEIJUと同じくKANDYTOWNの一員でラッパー/トラックメイカー/エンジニアのNeetzがリミックスしたシングルが本日リリースされた。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。