LOBSTER THEREMIN傘下のレーベルUGONGETITからMood Jの新作がリリース

ロンドンのダンスミュージックシーンにおいて、もっとも重要なレーベルであるLOBSTER THEREMINの傘下『UGONGETIT』からオーストラリア出身のハウスプロデューサーMood Jがヴァイルオンリーでリリースする。

今回で5作品目となるUGONGETITは、ヴァイナルオンリーのスタンプレーベル。4作品目には、東京を拠点に活動するハウスプロデューサーAFAMOOもリリースするなど、次世代のハウスプロデューサーを輩出してきている。

UGONGETITの5作品目を担当したMood Jは、LOBSTER THEREMINのサブレーベルDistant Hawaiiからもリリースを果たしている。2年前にリリースされたEP「Turn you「Turn Your Love Around」は、90sを想起されるかのようなディープハウストラックとなっており、特に「Turn Your Love Around」がMood Jの代表作となった。

そして今回リリースされる「UGONGETIT005」は、ディスコを大胆にエディットしたサンプリングハウスを収録した、夏に向けて聴きたい作品だ。

さらにUGONGETITと同じタイミングでDistant Hawaiiからもリリースを控えている。

buy link
UGONGETIT005:https://lobstertheremin.com/album/ugongetit005
Distant Hawaii:https://lobstertheremin.com/album/looking-further-looking-forward

related

東京で活動するAFAMOOがLobster Thereminの傘下レーベルUGONGETITからEPをヴァイナルオンリーでリリース

これまでにロンドンのハウスレーベルPogo House RecordやベルギーのHouse Cookin’ Record、M44K主催のレーベルRAW CASTのフリーコンピに参加するなど現行のハウスレーベルからリリースする東京を拠点に活動中のAFAMOO。

Lobster Thereminのレーベルショーケースが東京・WWW βと大阪・Compufunkで開催

今最も勢いのあるロンドンのアンダーグランドシーンのレーベルLobster Thereminからハンガリー・ブダぺスト拠点のImre KissとS Olbrichtを迎えたレーベルショーケースが東京・大阪で開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。