食品まつり主催のパーティー『釣心会例会』がWWWβで再始動 | 初回にはRP Booやツチヤチカら、Free Babyroniaなどが出演

その独創的なスタイルで国内外で評価されている食品まつりa.k.a foodmanが名古屋で開催してきたパーティー『釣心会例会』が、東京・渋谷のWWWβで再始動することになった。

6/15(土)に開催されるこのパーティーにはシカゴ・フットワークの始祖RP Booが再来日。同郷の名古屋からはツチヤチカら(6eyes)、レーベルAUN Muteを主宰するFree Babyroniaも出演、東京からForestlimitを中心に活動する最狂のコラージュDJ脳BRAINも登場する。

パーティーの開催を前に食品まつりからコメントも到着している。

- 食品まつり a.k.a foodman a.k.a 樋口爆炎 より

2004年から名古屋にて不定期開催している私主催のパーティー「釣心会例会」を渋谷WWWβにてスタートする運びとなりました。名古屋で開催時は地元の友人と一緒にクラブや路上、人の家、山の中など場所/ジャンルを変えながら開催してきましたが、今回15年の歴史の中で初めて県外での開催になります。

1発目はシカゴからジューク/フットワークのオリジネーターの一人であり3年ぶりの来日となるRP BOO師匠をお迎えして、「都会の土着感」をテーマにしたパーティーを行いたいと思います。

国内のゲストとして名古屋からはリヴィングレジェンドなロックバンド6eyesのフロントマンであり、呂布カルマさんとのコラボも話題のツチヤチカらさんのソロプロジェクトと、名古屋拠点のレーベル〈AUN Mute〉を主催し、CampanellaさんやNero Imaiさんなどのビート提供もしつつビート・ミュージックをベースにしたノイズ/エクスペリメンタルなスタイルのライブが凄まじいFree
Babyroniaさん。東京からはコラージュ、アバンギャルド的なスタイルでDJの概念を超えたパフォーマンスのDJ 脳BRAINさんをお呼びました。

名古屋でやってた時の雰囲気そのままにお届けしたいと思っておりますので、肩の力を抜いてフラっとお越し下さいませ︎♨︎

Info

釣心会例会
2019/06/15 sat at WWWβ
OPEN / START 24:00
ADV ¥1,800@RA | DOOR ¥2,500 | U23 ¥1,500

RP Boo [Planet Mu / Chicago]
ツチヤチカら [6eyes / Nagoya]
Free Babyronia[AUN Mute /Nagoya]
食品まつり a.k.a foodman [Nagoya]
脳BRAIN

※You must be 20 or over with Photo ID to enter.

【詳細リンク】https://www-shibuya.jp/schedule/011137.php
【前売リンク】https://www.residentadvisor.net/events/1266336

RELATED

TAMTAMが来年2月に食品まつりなどを迎えた3マンイベントを開催

今年はFUJIROCK FESTIVAL’19にも出演し、ヴォーカルのKuroもソロ作品をリリースするなど熱量の高い活動をしてきたTAMTAM。来年2/24(月・祝)に新宿MARZで3マンイベント『TAMTAM presents FINEVIEW Vol.3』を開催する。

The Most Memorable Thing from the 2010's Selected by 食品まつり a.k.a foodman

今回は、国内外の様々なレーベルからリリースを重ね、自身のルーツの一つでもある沖縄を背景に、シカゴ・フットワークからのインスパイアとポスト・インターネット以降のハイブリッドな感覚から浮かび上がる特異のサウンドはニューエイジやアンビエントとひも付きながら、新世代の電子音楽やアヴァンギャルドとして活動する名古屋出身の電子音楽家、食品まつり a.k.a foodman。

台風で延期になった『BOILER ROOM NAGOYA』が名古屋城天守閣前で開催

台風で開催が延期になった『BOILER ROOM NAGOYA』が11/16(土)に名古屋城天守閣前で開催される。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。