THA BLUE HERBが全30曲を収録した7年ぶりのアルバムを7月にリリース決定

先日過去作全てのデジタル配信も解禁し話題を呼んだTHA BLUE HERBが、7年ぶりとなる5thアルバム『THA BLUE HERB』を7/3(水)にリリースすると発表した。

セルフタイトルとなった今作は、全30曲、150分超収録のCD2枚組となる意欲作。前作『TOTAL』発表以後、THA BLUE HERBとしての全国でのLIVEは勿論、ILL-BOSSTINOはソロプロジェクト:tha BOSSとして初のソロアルバムやOLEDICKFOGGYやBRAHMANへの客演参加を行ってきた。O.N.Oもソロアルバムやonomono名義での作品のリリース、そしてDJ DYEも全国各地でのDJとそれぞれ精力的に活動してきた。

大作のリリースを前にグループからコメントが到着している。

結成20周年を終えたTHA BLUE HERBが次に目指すべきものとは何か?
未だ足を踏み入れていない原野とはどこにあるのか?

その問いの答えとは、ILL-BOSSTINOとO.N.Oの胸中にずっと消えずにあったもの、「俺等は2枚組のアルバムをまだ創っていない」という、ずっと残してきた宿題。それは避けては通れないものとしつつも常に先送りしてきた大きなハードルだった。

その時が遂に来た、挑むのは今しかない、今ならきっと出来るはずだ、2人は再び長い開拓の日々に没入していった。

完全自主制作、フィーチャリングなし、全30曲。これまでで最も厳しいヤマでしたが、ここに、乗り越えました。

我々も既に47歳。ヒップホップの何が好きか、自分達の音と言葉で表したいヒップホップとは何か、もうはっきり見えている。安い早い軽いのトレンドなんざ構っちゃいねえ。成功も失敗も引っくるめて、これまでの自分達の経験、そしてそれが形作る自己と向き合い、前を向くアイデアをじっくり抽出して高い価値を提示しよう。浮かれた流行に我慢ならずに軽口を呟いたりはしない。世の中の不条理に恨み言を吐き捨てて終わりにはしない。いつか来た道をなかった事に、やがて行く道に知らぬふりをしない。日々変化していく想いをその季節限りで枯れていくものにしない。未来を、目が覚めたらもう消えていくだけの夢にはしない。

我々はまだ47歳。この頂に、不動なるものを残しておく。

Info

ARTIST : THA BLUE HERB (ザ・ブルーハーブ)
TITLE : THA BLUE HERB (ザ・ブルーハーブ)
LABEL : THA BLUE HERB RECORDINGS
発売日 : 2019年07月03日(水)

●通常盤●
フォーマット : 2CD(デジパック仕様、歌詞カード付属)
品番 : TBHR-CD-031
税抜価格 : \4,500
バーコード : 4526180484097

●生産限定盤(インスト・ディスク付属4CD仕様)●
フォーマット : 4CD(インスト・ディスク付属、特製三方背ケース付属デジパック仕様、歌詞カード付属)
品番 : TBHR-CD-030
税抜価格 : \6,000
バーコード : 4526180484080

収録曲
全30曲、150分超収録。楽曲名などは追ってご案内致します。

初回店頭特典
活動休止前最後のライブ@石巻BLUE RESISTANCE(2017年12月30日)のライブ映像を完全収録したDVD
※注意 : 特典付与店舗に関しましては各位店頭で事前に御確認ください。無くなり次第終了致します。

related

THA BLUE HERBが結成25周年ツアーを開催

THA BLUE HERBが、結成25周年を記念した全国ツアーを9月から開催する。

『ボタとサーカス』がTHA BLUE HERB、田我流、VaVa、SPARTAなどが出演し開催

音楽とカレー、キャンプが楽しめる野外フェスとして開催されてきた『ボタとサーカス』が、年の瀬に大阪STUDIO PARTITAに会場を移し開催が決定した。

THA BLUE HERBが年末恒例のワンマンライブ『YEAR END LIVE 2021』を開催

THA BLUE HERBが年末恒例のワンマンライブ『YEAR END LIVE 2021』を12月29日(水)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催する。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。