本日放送の『キャロル&チューズデイ』第6話でFlying LotusとThundercatによるコラボ曲が初披露

フジテレビ「+Ultra」ほかにて放送中のTVアニメ『キャロル&チューズデイ』。NETFLIXでも全世界独占配信されるボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品という本作は豪華アーティストが参加し、監督に渡辺信一郎、キャラクター原案には窪之内英策を迎えた音楽アニメだ。

本日放送の第6話で劇中のスーパーカリスマバンド『オメガ』のヴォーカリストである『ヨシュア』(CV:梶裕貴)、人気、実力ともに火星を代表するミュージシャンとして君臨している『クリスタル』(CV:坂本真綾)、高い音楽性と熱狂的なファンを持つアーティスト『スキップ』(CV:安元洋貴)といったキャラクターが登場。『スキップ』のシンガーボイスはThundercatが担当し、Flying Lotusとのコラボ曲"unrequited love"が本日披露される。また『クリスタル』の歌唱曲"Unbreakable"はLauren Dysonが歌っている。

Info

■TVアニメ『キャロル&チューズデイ』VOCAL COLLECTION Vol.1
7月10日(水)発売
VTCL-60499/POS:4580325328639/\3,000+tax
※配信
iTunes Store、レコチョク、moraほか主要ダウンロードサイト及びストリーミングサービスにて
7月10日(水)より配信スタート

(収録内容)
TVアニメ「キャロル&チューズデイ」を彩る キャラクターが歌唱する約20曲の劇中歌を収録。
※2019年4月から連続2クール(半年間)放送となるTVアニメ「キャロル&チューズデイ」の1クール分(12話分)の劇中歌をまとめたヴォーカルアルバム

・ キャロル&チューズデイ(Vo.Nai Br.XX&Celeina Ann) / 「The Loneliest Girl」
作詞/作曲/編曲:Benny Sings
・ キャロル&チューズデイ(Vo.Nai Br.XX&Celeina Ann) / 「Round&Laundry」
作詞/作曲/編曲:津野米咲
・DJアーティガン / 「Who am I the Greatest」
作曲:☆Taku Takahashi(m-flo)
他、20曲収録予定

■OPテーマ「Kiss Me」/ EDテーマ「Hold Me Now」
キャロル&チューズデイ(Vo. Nai Br.XX&Celeina Ann)
5月29日(水)発売

<収録曲>
1. Kiss Me     作詞/作曲/編曲:Nulbarich
2. Hold Me Now  作詞/作曲/編曲:Benny Sings
3. Kiss Me TV size ver.
4. Hold Me Now TV size ver.
※シングルCD
VTCL-35302/POS:T4580325 328578/\1,300+tax
※アナログ盤
VTJL-2 /T4580325 328622/\2,000+tax
※配信
iTunes Store、レコチョク、moraほか主要ダウンロードサイト及び
ストリーミングサービスにて5月29日(水)より配信スタート

RELATED

Flying Lotusの単独来日公演が9月に開催 | ソニックマニアで度肝を抜いた3Dライヴを披露

大作アルバム『FLAMAGRA』が話題となっているFlying Lotusの来日公演が9/26(木)に東京・新木場 STUDIO COASTで開催される。

Flying Lotusが現代の若手ラッパーのキャリアについて語る

先日、約5年ぶりのニューアルバム『Flamagra』をリリースしたFlying Lotus。各所から高い評価を得ている同作だが、今回そんな彼がVultureのインタビューに登場。『Flamagra』についてはもちろん、現在の若手ラッパーについて語っている。

【クロスレビュー】Flying Lotus 『FLAMAGRA』|映像、そして音の変遷から読み解く待望の最新作

初の映画監督作品『Kuso』など音楽以外の活動も精力的に行ってきたFlying Lotusが、本日ニューアルバム『FLAMAGRA』をリリースした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。