kiki vivi lilyが最新作『vivid』を6月にリリース | 冨田恵一、Sweet William、WONKなどがプロデュースで参加

ポップなボーカルとアーバンミュージックを下地にしたグルーヴで存在感を放つシンガーのkiki vivi lilyが、6月にアルバム『vivid』をリリースすると発表した。

唾奇×Sweet Williamによる『Jasmine』などに参加していたkiki vivi lily。Pitch Odd Mansionに加入後初めての作品となる最新作では日本を代表するポップ・マエストロ冨田恵一をはじめ、Sweet William、WONK、安藤康平(MELRAW)がプロデュースで参加。さらにアイドルの寺嶋由芙がカバーしたことでも知られる"80denier"も新アレンジで収録されるなど、これまでの活動の集大成的作品となっている。

なおアルバムリリースに先立ち本日より収録曲"カフェイン中毒"が、デジタル先行でリリースとなっている。

Info

kiki vivi lily 『vivid』

2019年6月26日発売

01. Brand New
02. 80denier
03. カフェイン中毒
04. So much
05. Waste No Time
06. Why
07. K.V.L.F
08. AM0:52
09. Asian Resort
10. Copenhagen
11. At last

定価:2,315円+税
LABEL: EPISTROPH
EPST-016

●iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/vivid/1461083469?l=ja&ls=1&app=itunes

●Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/vivid/1461083469

●Spotify
http://open.spotify.com/album/5V8KW4LY7kSCrurlDTK2q7

related

kiki vivi lilyが初のブルーノート東京公演『kiki vivi lily -Acoustic Session-』を3月に開催

昨年10月に2nd Album『Tasty』をリリースしたkiki vivi lilyがBlue Note Tokyoにて『kiki vivi lily –Acoustic Session-』を3月13日(日)に開催することを発表した。

【特集】kiki vivi lilyによるおいしい料理ができそうなプレイリスト『Cooking with Rhythm』

10月1日(金)にニューアルバム『Tasty』をリリースしたkiki vivi lily。荒田洸(WONK)とMELRAWをプロデューサーに迎えた同作は、タイトル通り「味覚」をテーマにし、何気ない日常のハイライトを多彩なサウンドで表現し、一枚を通して味覚のフルコースを深く堪能できるような作品に仕上がっている。

kiki vivi lilyが10月リリースのニューアルバム『Tasty』から"Lazy"と"New Day feat. Sweet William"が先行配信

kiki vivi lilyが10/1(金)にリリースする2ndアルバム『Tasty』から"Lazy"が本日9/15(水)、"New Day feat. Sweet William"が9/22(水)に先行配信されることになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。