Denzel Curryがインタビューで「バットマンは白人の特権以外何も力を持っていない」と語る

今年の1月に開催された来日公演も好評だったほか、Flying Lotusの最新作『FLAMAGRA』への参加もアナウンスされているDenzel Curry。そんな彼が、インタビューで興味深い発言を行なっている。

Complexより公開されたインタビュー動画に登場した彼は、好きなジャンルに属する四人の人物から特に好きな人を選ぶ企画を行ない、好きなUFCファイターや『ドラゴンボールZ』のキャラクターを明かしている。彼は「『ドラゴンボールZ』だと悟空が好きだ。間違いない。俺はベジータが嫌いなんだ。ピッコロは良いと思うけど。クリリンはスーパーサイヤ人以外では最強だけど、スーパーサイヤ人も含めれば彼は弱い。とにかくベジータが好きじゃないんだ。傲慢だからな。みんなドープなキャラクターだけど、悟空とベジータのどちらと一緒に住みたいかと言われたら悟空だろ」と語っており、傲慢なベジータがとにかく好きじゃないことと強い力を持つ悟空が好みであることが伝わる。

続けて「好きなThree 6 Mafiaのメンバーは?」という質問にはLord Infamousを挙げ、「今のトラップのサウンドを昔にやってる。ダークな、メンフィスのサウンドだ」として彼らの功績を賞賛。

そして「好きなスーパーヒーローは?」という質問に「バットマンだ。彼は何も特別な力を持っていない。彼が持つのは白人の特権だけだ」とジョークを飛ばしている。確かにブルース・ウェインは億万長者だが暗い過去や力を得るために努力するストイックな姿勢を持っているため、そのような部分にDenzel Curryも共感しているのだろう。

彼の独特な価値観が伝わって来るインタビューの全編はこちらから観ることが出来る。

related

YGやLil BabyらがBLMデモの模様を取り入れたミュージックビデオを発表

先日、ミネアポリスでアフリカ系アメリカ人男性ジョージ・フロイドさんが警察によって不当な取り調べを受けた末に窒息死させられた事件を契機に全世界で大きな盛り上がりを見せている「Black Lives Matter」デモ。ヒップホップシーンにとって避けては通れない問題である人種差別に対する抗議運動には多くのラッパーも参加、もしくはサポートを表明していたが、抗議の意思やここ最近のデモの様子を楽曲やMVに盛り込むラッパーも徐々に現れてきているようだ。

Denzel Curryが残り3枚のアルバムでラッパーを引退し漫画家になる考えを明かす

2月にはKenny Beatsとのジョイントプロジェクト『UNLOCKED』を発表し話題を呼んだDenzel Curry。そんな彼が、インタビューの中で残り3枚のアルバムを発表し引退する考えを明かした。

Denzel Curry & Kenny Beatsのコラボアルバム『UNLOCKED』のショートフィルム|リークされたアルバムを取り戻しにPCの中を大冒険

先週金曜日にリリースされたDenzel CurryとKenny Beatsによるコラボアルバム『UNLOCKED』。同作の楽曲を題材としたショートフィルムが公開されている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。