恒例の『Erection -Block Patry -』に田我流、Qiezi MaboがライヴでG.RINAやKID FRESINOなどがDJで出演決定

毎年、春と秋の恒例になりつつある『Erection -Block Patry -』が、5/4(土)に自由が丘広小路商店街の三井住友銀行駐車場で開催される。

入場無料で、毎年豪華アーティストのライヴやDJが楽しめるこのパーティーは、子供連れなどの来場も多くピースフルな雰囲気のパーティーとして高い人気を誇っている。

今年はアルバムをリリース直後の田我流を筆頭に、Qiezi Maboもライヴで出演。DJではG.RINA、KID FRESINO、shakke-n-wardaaがラインナップされている。どうやら追加アクトの発表も控えているようで、こちらも楽しみだ。

またパーティーを楽しんだ方は帰り際にでもドネーションをしておくのが気持ち良い遊び方といえそうだ。

Info

Erection -Block Patry -
powerd by 自由が丘広小路商店街

2019.05.04 (SAT)
広小路商店街 三井住友銀行駐車場
( 東京都目黒区自由が丘2-11 )
※自由が丘駅から徒歩2分

入場無料 (別途ドリンク代 700円 + 楽しめた方はドネーションをお願いします。)
時間:15:00 - 20:30

LINEUP
LIVE:
田我流
Qiezi Mabo

DJ:
G.RINA
KID FRESINO
shakke-n-wardaa
& more

info:
Erection SNS

twitter :
https://twitter.com/Erection_

instagram :
https://www.instagram.com/erection_info/

( #Erection_BlockParty )

[ 注意事項 ]
楽しんで頂けた方は、ドネーションをお願いします。
※当公演の運営資金とさせて頂きます。

また、入場時にドリンク代として、700円を頂きます。
その際、ドリンクチケットと、リストバンドをお渡し致します。
必ず、リストバンドをご着用してください。リストバンドを着用の方のみ、ご入場頂けます。
いかなる理由でも、リストバンドの再発行は致しません。

場合によっては、入場を制限する場合がございます。予め、ご了承ください。

雨天時につきましては、こちらのtwitterアカウントから情報を随時発信しますので、
@Erection_ をフォローお願いします。

ゴミのポイ捨てや、過度の飲酒や周りに迷惑がかかる行為は絶対にしないようにして下さい。
お子さんや、お年寄りの方や初めてLIVEやDJを見る方も多数ご来場されると思います。
そういった方も含め、性別、年齢関係なく楽しめる空間にしたいと思っています。
街の中で合法的に音を出して、パーティーが出来るのは中々無いと思います。

自由が丘広小路商店街のみなさんのご協力のもと、開催させて頂きますので、
《マナーを守って楽しく遊びましょう。》ぜひ、ご協力をお願いします。

RELATED

田我流の最新作『Ride On Time』からC.O.S.A.をフィーチャーした"Wave"のKMによるリミックスがリリース

田我流が4月にリリースした7年ぶりのアルバム『Ride On Time』から、C.O.S.A.を迎えた人気曲"Wave"のKMによるリミックスが配信リリースされた。

りんご音楽祭が第1弾アーティストでAwich、KID FRESINO、kZm、STUTS、田我流、ゆるふわギャングなど32組の出演をアナウンス

今年で11回目を迎えるりんご音楽祭が長野県松本市のアルプス公園にて、9/28(土)、9/29(日)に開催される。

BEAMS × SPACE SHOWER TVによるプログラム『PLAN B』にKID FRESINO × Kazuhiko Fujitaが登場

SPACE SHOWER TVがBEAMSと行っているレギュラー・プログラム『PLAN B』の、5月のピックアップアーティストにKID FRESINO × Kazuhiko Fujitaが登場する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。