Pioneer DJから新たなrekordbox dj専用コントロラー『DDJ-800』が発売

Pioneer DJから新たにrekordbox djを自在に操作できる専用2chコントローラー『DDJ-800』が5月下旬に発売される。

2018年1月に発売したrekordbox dj専用4chパフォーマンスDJコントローラー「DDJ-1000」は、ウェディングパーティーや企業イベントなど、クラブ以外の場でも活躍している多くのプロフェッショナルDJから強く支持されている。さまざまなシーンで演奏するプロフェッショナルDJは、会場環境や観客の規模に応じて持参する機材を使い分けており、特に小規模な会場で演奏する場合には、より持ち込みがしやすく設置しやすいDJ機材を強く求めているという。そこでこのような声を受け、Pioneer DJは、「DDJ-1000」の高い演奏性を継承しつつ、小型・軽量で持ち運びのしやすい2ch パフォーマンスDJコントローラー「DDJ-800」を新たに発売することに至った。

 

DDJ-800の発売に合わせて、DJ向け楽曲管理アプリケーション「rekordbox™」もアップデート。またDDJ-800は、さまざまな場所でプロフェッショナルな演奏を行うために、「DDJ-1000」と同様の「COLOR ON JOG DISPLAY」を搭載し、かつMIC音声のハウリングを軽減できる「FEEDBACK REDUCER」を業界で初めて搭載。

「FEEDBACK REDUCER」が搭載されたことにより、マイクパフォーマンス中にマイクのハウリングが発生した場合でも即座にハウリングの周波数を検知し、ハウリングを軽減。さらに、独立2系統 のマイク入力端子を搭載し、複数人がマイクを必要とするシーンにおいてもDJプレイを止めることなくマイクパフォーマンスが可能になるなど、より幅広いプレイが楽しめる。

info

【商品概要】

商品名                  :パフォーマンスDJコントローラー

型番                     :DDJ-800

希望小売価格       :オープン価格

発売時期              :2019年5月下旬

https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/controller/ddj-800/black/overview/

 

 

 

 

RELATED

Pioneer DJがスマートフォンDJアプリと対応した『DDJ-200』を発売 | BeatportのDJ用ストリーミングサービスにも対応

Pioneer DJから新たにスマートフォン対応DJコントローラー『DDJ-200』が5月23日に発売される。

Pioneer DJからマルチトラック・シーケンサー『SQUID』が発売

Pioneer DJの音楽制作機器ブランド「TORAIZ」(トーライズ)シリーズの第3弾モデルマルチトラック・シーケンサー「SQUIDI」(スクイッド)が発売中だ。

Pioneer DJのDJコントローラー『DDJ-SB3』でDJ NORIOとYoung Dalu、Osamiがお手軽ホームパーティ

Pioneer DJからリリースされるSerato DJ Lite専用のDJコントローラー『DDJ-SB3』。PioneerのDJコントローラーは気軽に持ち運んでどこでもDJが出来る可搬性と高い操作性で強い支持を受けるが、今回の『DDJ-SB3』はさらに直感的なプレイを可能にするインターフェイスを採用。初心者でも本格的なDJプレイを楽しめるものとなっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。