Billie EilishがSpice Girlsを実在するグループではなく映画のキャラクターだと思っていたことを明かす

アルバム『WHEN WE ALL FALL ASLEEP, WHERE DO WE GO?』でこれまで以上に大きな注目を集めることとなったBillie Eilish。そんな彼女が、かつて世界中で絶大な人気を誇ったUKのポップグループSpice Girlsを架空の存在だと勘違いしていたことが話題となっている。

NMEによると、Billie Eilishはラジオインタビューの最中にSpice Girlsを映画『Spice World』のキャラクターで、映画のために結成されたグループであると勘違いしていたことを明かしたという。彼女は「Spice Girlsの曲は全部映画のために書かれたものだと思ってた。メンバーも全員映画のためにキャスティングされたんだと思ってて、2年前まで本当のグループだって気づかなかった」と語っており、存在やその楽曲を知ってはいながらもフィクションのキャラクターだと勘違いしていたようだ。さらに「あの映画は40回ぐらい観てた。Spice Girlsの再結成を見たときも、“わ、また映画やるんだ”って思った」とも語っている。

『Spice World』は1997年にイギリスで公開されたコメディ映画で、Spice Girlsのメンバーを主人公に彼女たちの活躍を描くものとなっている。ちなみに映画としての評判は悪く、ゴールデンラズベリー賞で7部門にノミネートされた逸話も持つ。

Billie Eilishの独特なキャラクターが伝わるエピソードだが、彼女はその後Spice GirlsのメンバーであるMekanie Cと会い、2ショット写真を撮影している。

Melanie Cは彼女を「素晴らしい才能を持っていて、若い女の子が彼女を見て叫んで、歌詞を全部覚えて歌ってるのを見て鳥肌が立った」と絶賛しており、映画のキャラクターだと思われていた件については触れていない。

現在はSpice Girlsが実在するグループだと気付いたようだが、それでも好きだった映画の「キャラクター」本人と会うことが出来てBillie Eilishも嬉しかったに違いない。

related

Billie Eilishのドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』がApple TV+で来年2月に世界公開

Billie Eilishの素顔を追うAppleオリジナルドキュメンタリー『ビリー・アイリッシュ: 世界は少しぼやけている』が、Apple TV+にて2021年2月26日に世界公開される。

Billie EilishとFINNEASがTiny Desk Concertの家バージョンに登場 | 本物そっくりのセットをつくりあげる

Billie Eilishが兄のFINNEAS と共に人気シリーズTiny Desk Concertのホームライブバージョンに登場した。

Billie Eilishの来日公演が開催延期に

9/2(水)に開催を予定していたBillie Eilishの来日公演が開催延期となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。