starRoとIman Europeが代々木上原ORPCTでコラボ公演を開催

LAを拠点に活躍するグラミーノミネート日本人プロデューサー・starRoと、シンガーソングライター/ラッパー・Iman Europe(イマン・ヨーロップ)の公演が2019年4月13日(土)に代々木上原のOPRCTで開催されることが決定した。

LAを拠点に活躍する日本人プロデューサーstarRoは300万再生回数を記録したFrank Oceanのリミックスなどのリミックスワークにとどまらず、インストトラック、シンガー・ラッパーをフィーチャーしたオリジナルソングの作曲、往年の名曲のカバーなど、制作スタイルも多岐にわたり、2017年に第59回グラミー賞「最優秀リミックス・レコーディング部門」に日本人として初めてノミネート。2018年はLAの注目若手アーティストのプロデュースを多数手がけながら、世界的人気アーティストAnderson .Paakとヨーロッパツアーを回るなど、LIVE活動をおこなっている。

Iman Europeは NYで生まれ、現在はLAを中心に活躍するシンガーソングライター/ラッパー。意志を感じる歌声、Lauryn Hillの影響を感じさせる言葉への強烈な意識に加え、R&B、ソウル、トランスミュージックの要素を盛り込み、Frank Oceanを思わせる幻想的な雰囲気を併せ持った自身の音楽について、Imanは「サイケデリック・ソウル」と呼ぶ。その音楽性が発揮されたアルバム『Nami』は日本でもリリースされ、キレの良いビートとまったりとしたバイブスが高い評価を受けた。ライブ活動も積極的に行なっており、自身初となるNY公演は伝説のライブハウス・S.O.B’sで行われ、その後も各地でパフォーマンスを披露し続けている。

この二人の一夜限りとなる共演が行われるOPRCTは、今年代々木上原にオープン。こけら落としとなった前回はNYを拠点に活躍する日本人アーティストBIGYUKIと同じくNYを拠点としていたAnna Wiseの共演となったが、今回はLAを拠点に世界的な活躍を見せるstarRoとIman Europeの二人の共演となる。世界のシーンの最前線で活躍する二人の貴重な公演をお見逃しなく。チケット発売は3月11日(月)19:00から開始となる。

INFO

DATE: 2019.04.13 sat.
TIME: 16:30 (open) / 17:30 (start)
PLACE: OPRCT (渋谷区上原1-29-10 OPRCT)
CHARGE: ¥5,000 (adv) / ¥5,500 (door) + 1 drink
一般予約:2019年3月11日 19:00~
ご予約はこちら→https://starro-iman.peatix.com/
CONTACT: info@sweetsoulrecords.com ☎︎03-6416-8690

OPRCT Concept

RELATED

POPS研究会が5thシングル"Summer Revison B"をリリース | 11月にはアルバムも

starRo名義でも活躍する溝口真矢によるプロジェクトPOPS研究会が、5thシングル"Summer Revison B"を本日リリースした。

starRoの別名義プロジェクト「POPS研究会」が1st シングル”Melted”をリリース

Soulectionに所属するLA在住のstarRoの別名義プロジェクト「POPS研究会」から1st シングル”Melted”が本日リリースされる。 POPS研究会は、日本でポップミュージックを研究し、世界に向けて提案していくアーティスト、溝口真矢の音楽プロジェクトだ。溝口真矢が日本を拠点に、...

starRoによるパーティー『SUNNY SIDE UP』が本日開催 | KINTARO、Taeyoung Boy、MARZYも出演

東京とソウルで不定期で開催するstarRo主催のパーティー SUNNY SIDE UPがMARZYの看板イベントBORN FREEのサポートのもと12月21日(金)に渋谷HARLEMで開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。