Frank OceanのZINE『Boys Don’t Cry Magazine』が再販

2016年に無料で配布され、その後24時間限定の販売が行われたFrank OceanによるZINE『Boys Don’t Cry Magazine』を覚えているだろうか?アルバム『Blonde』のリリースに伴いオープンしたポップアップショップ限定で配布されたこの冊子が、今回Frank Oceanの公式サイトにて再販されることとなった。

冊子にはFrank Oceanによる詩や写真などが掲載されている他、初版にはKOHHによる“Nikes”が収録されたバージョンの『Blonde』のCDも封入されていた。今回の版にCDが含まれているかどうかは不明だが、他にもFrank OceanとLil Bとの対談、Kanye Westのエクスクルーシブなラップ、Tyler, the Creatorの詩、様々なアーティストのイラストなどが入った豪華な内容となる。

View this post on Instagram

being free form with our output is better 💖

A post shared by Aimee Cliff (@aimeecliff) on

手に入れられるチャンスが限られていたためebayにて高額で取引されるなどプレミアがついていたが、今回の再販でようやく多くの人の元に届くことになる。

『Boys Don’t Cry Magazine』は現在Frank Oceanの公式サイトであるblonded.coにて販売されている。値段は80ドルとなっており、アメリカ国内であれば注文から2、3日で発送するとのこと。

あまりに希少価値が高かった『Boys Don’t Cry Magazine』のリイシューはかなりレアな機会となるだろう。値段はややお高めだが、ファンにとっては逃すことのできないチャンスとなりそうだ。

related

Frank Oceanの弟Ryan Breauxさんが交通事故で亡くなる

Frank Oceanの実の弟であるRyan Breauxが、今週日曜朝に交通事故に巻き込まれて亡くなったことが報じられている。

Frank Oceanの母親が『Channel Orange』と『Blonde』のどちらが好きか選ぶ

以前Frank Oceanがインタビューで夜間のスキンケアの重要性を説いた際に「日焼け止めを忘れてるよ」と指摘するなど、かなり強いキャラクターを持っていると思われる彼の母親。そんな彼女が、息子の作品の中でお気に入りのアルバムや楽曲について語っている。

映画『WAVES/ウェイブス』のトレイ・エドワード・シュルツ監督がFrank Ocean、Kanye West、Kendrick Lamarの楽曲をセレクトした理由を語る

4月より公開される話題の映画『WAVES/ウェイブス』。FNMNLのコラムでも紹介されているように、Animal CollectiveやFuck Buttons、Frank Ocean、H.E.R.、Kendrick Lamar、Kanye West、A$AP Rockyなど様々なジャンルの31曲もの楽曲たちが作中の登場人物やシーンが帯びている感情を代弁する役割を果たし、それらの隙間をトレント・レズナーとアッティカス・ロスによるオリジナルスコアが埋めて補完するというこれまでにない音楽と映像の関係を作り上げた作品になっている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。