Sweet William & JinmenusagiのアルバムからJin Doggを迎えた"opium"のミュージックビデオ

Sweet William & Jinmenusagiが昨年リリースしたコラボ作『la blanka』から、Jin Doggをゲストに迎えた"opium"のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオはPitch Odd Mansionの國枝真太朗が監督したもの。また、3/1(金)には東京Ginza Sony Parkでのライブも開催が決定。レーベルメイトであるWONKの井上幹(ベース)、荒田洸(ドラム)、そして竹之内一彌(ギター)も参加が決定した。

Info

RELATED

【インタビュー】Sweet William『Brown』|自分の音楽には正直でありたい

Sweet WilliamがソロEP「Brown」を発表した。本作は知名度を高めた唾奇やJinmenusagiとのダブルネーム作品とはまた違うテイストの作品。ヒップホップをベースにしつつ、サンプリングをより自由に解釈したビートミュージックを思い起こさせる。今回FNMNLではEPの制作秘話に加えて、Sweet Williamの音楽と向き合う姿勢などについて話してもらった。

SEEDAがKAMIYADAとJIN DOGGを迎えた新曲"ROPPONGINI"をSoundCloudで公開

最近ではメディアプラットフォームNeet Tokyoも主宰し、自身のアルバムを題材にした映画『花と雨』も公開されるなど、多角的な動きを続けているSEEDAが、久しぶりの新曲"ROPPONGINI"をSoundCloudで公開した。

人気ヒップホップパーティー『Chillaxing』がRed Bullとコラボパーティーを開催 | ANARCHY、MONYPETZJNKMN、Jin Dogg、Leon Fanourakisなどが出演決定

『Chillaxing』は日本のヒップホップシーンのトップアーティストから、期待度の高いニューカマー等もイチ早く集めフックアップしてきた人気パーティーだ。100人程度の小規模から始まり、今では1,500人を動員する『Chillaxing』とRed Bullが初のコラボパーティーを10/14(月・祝)に東京・新木場STUDIO COASTで開催する。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。