JAZEE MINORの2ndアルバム『WOKE UP』のリリースが決定 | SALU、AKLO、KOWICHI、HIYADAMが参加

2014年にリリースした1stアルバム『Black Cranberry』に収録されているシングル“100”がクラブヒットしたJAZEE MINOR。それ以降もデジタルを中心とするコンスタントな作品リリースや客演ワークス、ライブ活動などをコンスタントに行ってきたJAZEE MINORの2ndアルバム『WOKE UP』のリリースが決定した。

同作からはすでにSALUをフィーチャーした“New Basic”が先行シングルとしてリリースされているが、他に“100”に続く共演となるAKLO、KOWICHI、HIYADAMが参加することになっている。

Info

アーティスト: JAZEE MINOR (ジャジー・マイナー)
タイトル: WOKE UP (ウォーク・アップ)
レーベル: P-VINE / Blind Cinema Direction
品番: PCD-24820
発売日:  2019年3月20日(水)
税抜販売価格: 2.400円

 

related

Kvi Babaが来週EP『Toge ni Bara』をリリース | SALUも参加

Kvi Babaが今年4月から行っている4ヶ月連続リリース企画のラスト、第4弾となるEP『Toge ni Bara』を7/30(金)にリリースする。

SALUとELIONEによるコラボユニットが1stシングル"Chillin’"をリリース

兼ねてより親交の深かったSALUとELIONEがコラボユニットSALU x ELIONEが結成し、本日1stシングル"Chillin’"をリリースした。

KOWICHIが自身のレーベルSELF MADEからサイファー映像“Selfmade Cypher”を公開|ビートはZOT on the WAVE

昨年末に最新アルバム『Higher』をリリースし、自身のレーベルSELF MADEの発足も発表した川崎市出身のラッパーKOWICHIが、Candee、SATORU、ERASER、Merry Deloの四名の気鋭MCを集めた豪華なサイファー映像“Selfmade Cypher”を新たに公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。