Taeyoung Boyの1stアルバム『HOWL OF YOUNGTIMZ』から"HOWL"のミュージックビデオ

2015年から活動をスタートし、昨年は2枚のEPをリリースしたTaeyoung Boyが、2/27(水)に1stアルバム『HOWL OF YOUNGTIMZ』をリリースする。

WILYWNKAやShurkn Pap、Gucci Prince、Friday Night Plansなどが参加した本作からDroittteがプロデュースした"HOWL"のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオはSpikey Johnが制作、ダンスミュージックの要素とダンスホール的なテイストを折衷させたトラックに、Taeyoung Boyらしいメロディアスなラップが乗った1曲となっている。

Info

Taeyoung Boy 1st Album「HOWL OF YOUNGTIMZ」
2019.02.27 (水曜日) 配信。※全10曲
トラックリスト
1, YOUNG
Prod.haqu
2, FALL feat.Tohji,Pablo Blasta
Prod.Tepppei
3, TEACH
Prod.Droittte
4, HOWL
Prod.Droittte
5, TREASON feat.ACE COOL,Gucci Prince
Prod.Toyoda Kazuya
6, DOGS feat.WILYWNKA
Prod.Chaki Zulu
7, TURN
Prod.starRo
8, WAVES
Prod.Drivxs
9, BREATH feat.Shurkn Pap
Prod.KM
10, WHITE feat.Friday Night Plans
Prod.Drivxs

Taeyoung Boy Album先行シングル「HOWL」
2019.02.20 (水曜日) 配信。
作詞 Taeyoung Boy
作曲 Droittte

▪︎iTunes Store※先行シングル+アルバム予約
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/1452890961?app=itunes&at=10l7qr

▪︎Apple Music
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/1452890961?mt=1&app=music&at=10l7qr

▪Spotify
https://open.spotify.com/track/3CQxF7JW2oESap2GavoXZ7

related

18scott x SUNNOVAによるコラボアルバム『PAISLEY』から"G.O.D. feat. ACE COOL, Taeyoung Boy, Gottz"のミュージックビデオ

18scott x SUNNOVAが本日リリースしたコラボアルバム『PAISLEY』から、"G.O.D. feat. ACE COOL, Taeyoung Boy, Gottz"のミュージックビデオが公開となった。

Taeyoung Boy改めTAEYOが7月にメジャー1st EP『ORANGE』をリリース

Taeyoung Boyが名義をTAEYOに変更し、ポニーキャニオンからのメジャーデビューを先日発表したが、7月にメジャー1st EPの『ORANGE』を発表するとアナウンスした。

Taeyoung BoyがTAEYOに名義を変えメジャーデビュー | Chaki Zuluが手掛けた新曲"ASHURA"をリリース

先日KMとのコラボ曲"i"をリリースしたばかりのTaeyoung Boyが、本名から派生したTAEYO(タイヨウ)と改名し、ポニーキャニオンから本日5/20(水)に新曲"ASHURA"をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。