2 ChainzがNBAのセレブオールスターゲームに出場できず怒る

今週水曜日、毎年恒例となっているNBAの有名人オールスターゲームの出場メンバーが発表された。QuavoやBad Bunny、Rapsodyなど腕に覚えのあるアーティストが男女問わず選出される中、今年のゲームに参加出来ないことに強い不満を示している者がいる。2 Chainzだ。

2 Chainzは今日、Instagramにオールスターゲームの出場メンバーリストの画像を投稿。キャプションにて「よお、NBA。お前らは一度も俺にプレイするよう連絡してこなかったな。俺が2013年のリーグにいたとき、俺のキャンプの誰かが暴言を吐いたからだろ。でも、俺はあのことについて謝罪しただろ」と、かつてバスケの試合中に仲間が失態を犯してしまったことが自身にオールスターゲーム出場のオファーが来ない理由だと主張。しかし、謝罪を行い時間が経ったのだからそろそろ出して欲しいと彼は考えているらしい。

2 Chainzは高校時代にバスケの名プレイヤーとして鳴らしていた過去がある。出身校のNorth Clayton Highでは未だに彼の名前が名シックスマンとして残っているらしく、1996年から1997年のフルシーズンをプレイし続けていたという。

このように相当なバスケの腕を持つらしい2 Chainzのプレイが見られないのは残念なことだが、いずれNBAとのわだかまりを解消し技術を思う存分発揮して欲しいものだ。

RELATED

Drakeがトロントラプターズの選手契約のミーティングに参加する可能性

先月のNBAファイナル2019で初の優勝を成し遂げたトロントラプターズ。その勝利に「Drakeの呪い」で大きく貢献したとの噂もあり、また同チームのグローバルアンバサダーも務めるDrakeが、なんと選手の契約を決める重要なミーティングに参加する可能性があるようだ。 Complexが報じるところに...

ウォリアーズがNBAファイナル第3戦の試合前にPusha TのDrakeディス曲をプレイしておちょくる

過熱するNBAファイナルと同時に、ラプターズを応援するDrakeとウォリアーズのコート外でのバトルも盛り上がりをみせている。

NBAがラプターズに対してDrakeの試合中のコートサイドでの問題行動を警告か

チーム創設以来初となるNBAファイナル進出を決めたトロント・ラプターズ。ラプターズの大ファンとして知られるのが地元のトップアーティストDrakeだ。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。